1/64 コナミ 絶版名車コレクション ニッサン シルビア

ミニカーです。
IMG_6773_convert_20170715075923.jpg

IMG_6774_convert_20170715080148.jpg

IMG_6775_convert_20170715075951.jpg
今回紹介するのはシルビアです。このクルマは65年登場の初代モデルです。64年の第11回東京モーターショーに「ダットサン クーペ1500」として出品された後、1965年発売。ダットサン・フェアレディのシャシーにSUツインキャブ付R型1,600cc OHVエンジンを載せ、クーペボディを架装して作られました。同社の車種としては初採用のフロントディスクブレーキ、および4速フルシンクロのトランスミッション、クリスプカットと呼ばれた美しいデザイン、継ぎ目を極力減らしたボディパネルなど意欲作でしたが、美しいルックスには不釣合いなタフな乗り心地や相対的な割高感に加え、兄貴分のスカイラインやオープン版のフェアレディの影に隠れて商業的には成功したとは言えませんでした。そのため、68年に554台のみで生産を終了、一旦は絶版となりました。

1/64 コナミ 絶版名車コレクション マツダ ルーチェロータリークーペ

ミニカーです。
る_convert_20170710213717

る _convert_20170710213753

る  _convert_20170710213815
今回紹介するのはルーチェロータリークーペです。このクルマは69年登場です。このクルマは東京モーターショーに3度参考出品された後に市販化されたモデルです。開発こーどはRX87で市販型のボディサイドにも「RX87」のエンブレムが装着され、ショーモデルの直系であることをさり気なくアピールしていました。655cc×2ローターの13A型ロータリーエンジンは126PSを発揮し、最高速度は190km/hと公表され、カタログでのキャッチコピーは「ハイウェイの貴公子」でした。バリエーションはスーパーデラックスと、デラックスの二種類でした。120万円前後であったトヨタ・クラウンハードトップなどの上級モデルより一段高価で、まだハンドメイドであったいすゞ・117クーペの172万円に匹敵しました。レシプロエンジン・後輪駆動・後輪リジッドアクスルなどのオーソドックスな機構を持ち、機構的には他のいすゞ乗用車との互換性が高かった117クーペに対し、意欲的な新機構を満載し、その結果ルーチェセダンはもとより他のロータリーエンジン車との互換性が乏しくなったルーチェロータリークーペは対照的な存在でした。内装も伝統的なウッドパネルと完備した計器類を持つ117クーペに対し特徴に乏しく、ドア内張りなど細部のデザインはイタリアンデザインよりも既存のマツダ乗用車に近いものでした。 なお、セダンと比較すると全長で215mmm、ホイールベースで80mm大きい。機構的にはチェーン駆動式オイルポンプ、水冷式オイルクーラー、ラバー・イン・トーションバーの前輪スプリングが特徴的でした。

1/64 コナミ 絶版名車コレクション ホンダ Z

ミニカーです。
ら_convert_20170709104500

ら _convert_20170709104529

ら  _convert_20170709104550
今回紹介するのはホンダ Zです。このクルマは70年登場の初代モデルです。NIII360をベースにしたスペシャルティカーとして発表され、同年1に発売されました。デザインは日本人が行ったものであり、360ccでクーペスタイルを目指したものでした。とはいえ、大人4人が乗るだけの居住空間は確保されていました。当時のホンダ車に共通する飛行機風の計器類のデザインは印象的で、また、4速と5速ではシフトパターンおよびシフトノブの取り付け位置に違いがありました。デザイン段階で後方までルーフを伸ばしたため、後部を斜めにカットしガラスハッチを持ち、その黒くて太い樹脂製枠から「水中メガネ」の愛称で親しまれました。

1/64 コナミ 絶版名車コレクション ホンダ N360

ミニカーです。
IMG_6753_convert_20170707141826.jpg

IMG_6755_convert_20170707141849.jpg

IMG_6756_convert_20170707141907.jpg
今回紹介するのはN360です。このクルマは67j年登場です。前輪駆動方式を採用して広い車室空間を確保すると共に、67年時点での軽乗用車としては突出した高出力のエンジンを搭載。当時の軽自動車業界における「馬力競争」の火付け役になりました。高性能と低廉な価格が相まって、当時のベストセラーモデルとなり、愛称はNコロ、他にエヌサンなどとも呼ばれていました。

1/64 コナミ 絶版名車コレクション トヨタ クラウンハードトップSL

いつかはクラウン。
く_convert_20170521220627

く _convert_20170521220708

く  _convert_20170521220748
今回紹介するのはクラウンハードトップです。このクルマは68年登場です。個人ユーザー層の拡大を図る目的でクラス初となる2ドアハードトップを追加。角型2灯ヘッドランプがスタイリングの特徴となりました。グレードはシングルキャブレターのM型エンジンを搭載した基本グレードの「ハードトップ」、およびツインキャブレターのM-B型エンジンを搭載したスポーティーグレードの「ハードトップ SL」という構成で、SLと入れ替わる形で「クラウンS」が廃止されます。オプションでレザートップ装着車も設定されました。
時計
プロフィール

ウイングロード乗り

Author:ウイングロード乗り
きよと申します。よろしくお願いします。
性別 男
年齢 想像にまかせます。
趣味 クルマ ミニカー ももちゃんと遊ぶ 映画観賞 ドラマ 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミニカー/模型
7位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
.main_menu_fold { margin-left:10px; /* 全体の左の余白 */ } /* 親カテゴリ */ div.main_list_parent { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子なしカテゴリ */ div.main_list { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子カテゴリ */ div.sub_list { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch.gif"); /*ツリー画像 */ padding-left:20px; padding-top:2px; padding-bottom:2px; background-repeat: no-repeat; background-position: left top; } /* 子カテゴリ (最後尾) */ div.sub_list_end { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch_end.gif"); /*ツリー画像(最後尾) */ background-repeat: no-repeat; background-position: left top; padding-left:20px; padding-top:2px; margin-bottom:10px; /* 下の余白 */ } /* ▲親子カテゴリ (折りたたみ) ▲ */