1/64 京商 フェラーリ 641

ミニカーです。
ふぇ_convert_20170525215305

ふぇ _convert_20170525215342

ふぇ  _convert_20170525215447
今回紹介するのはフェラーリ 641です。このクルマは90年登場です。641は、89年に使用された640の正常進化バージョンで、基本デザインは前年の640と同じジョン・バーナードによるものですが、90年初頭にバーナードはベネトンに移籍してしまったため、その後はエンリケ・スカラブローニや、同年にアラン・プロストと共にマクラーレンから移籍してきたスティーブ・ニコルズらの手によって改良が進められました。エンジンは公表値で60PSもパワーアップ。ドライバー頭上のエアインテークが拡大され、内部にロールバーが見える形状となりました。また、レギュレーション改訂に沿い、シャーシ側面の燃料タンクの寸法が短くなりました。この変更は、前年のサンマリノGPでのゲルハルト・ベルガーの炎上事故を受けて行われたもので、コクピット後方の主燃料タンクを拡大したためモノコックが30mm延長されましたが、ギアボックスを縮めたためホイールベースの長さは640と変わっていません。

1/64 京商 ティレルミニカーコレクション ティレル 008

ミニカーです。
て_convert_20170522215204

て _convert_20170522215308

て  _convert_20170522215424
今回紹介するのはティレル 008です。このクルマは78年登場です。モーリス・フィリップが設計し、6輪車のティレル・P34に代わって投入されました。アルミニウム製のモノコックに、V型8気筒のコスワース DFVを搭載しました。78年シーズン、ティレルはパトリック・デパイユのチームメイトとしてディディエ・ピローニを起用しました。008はシーズン開幕戦のアルゼンチングランプリでデビューし、デパイユは予選10位、決勝3位という結果でした。次戦のブラジルではリタイアしましたが、続く3戦で連続して表彰台を獲得すします。南アフリカで2位、アメリカで3位、モナコではシーズンの予選最高位となる5位からスタートし、自身の初勝利を挙げます。その後はリタイアが多かったものの、オーストリアの2位を含む3戦でポイントを挙げ、全16戦中8戦でリタイアと成り、008は信頼性が問題でした。ピローニはアルゼンチンで予選23位、決勝は14位でした。次戦のブラジルでは6位でポイントを獲得し、シーズン全体では5回のポイント獲得となり、最高位は5位でモナコとドイツの2回でした。予選の最高位はオーストリアの9位で、これはデパイユより予選で上回った2回の内の1回でした。チームは合計38ポイントを獲得し、ランキングは4位となった。デパイユは34ポイントでドライバーズランキング5位、ピローニは7ポイントで15位でした。

1/64 京商 フィアット・ランチアミニカーコレクション フィアット ディーノスパイダー

ミニカーです。
ふぃ_convert_20170520184500

ふぃ _convert_20170520184535

ふぃ  _convert_20170520184608
今回紹介するのはフィアット ディーノスパイダーです。このクルマは66年から73年まで製造された高性能スポーツカーです。フェラーリがその65度V型6気筒 DOHCエンジンをフォーミュラ2に参戦可能な台数まで量産させられるよう、量販目的でフィアットブランドのスポーツカーを開発しました。このエンジンはフェラーリ創業者エンツォ・フェラーリの長男、アルフレード・フェラーリが病床でアイデアを出したとされ、「ディーノV6」と通称され、フェラーリ自身もディーノ206GTに搭載して市販化しました。なお、レース用エンジンの市販車向けのディチューンはフィアット社の在籍した元フェラーリの主任技術者、アウレリオ・ランパルディによって行われましたた。

1/64 京商 ポルシェミニカーコレクション2 ポルシェ 911GT2

ミニカーです。
ぽ_convert_20170519222307

ぽ _convert_20170519222338

ぽ  _convert_20170519222407
今回紹介するのは911GT2です。このクルマは2002年登場です。5代目911ターボをベースにエンジンチューン、100 kgの軽量化を行ない最高速は315 km/h、カタログモデルでは最高のスペックとなりました。加給圧はフルスロットル時に2.0バールまで上昇します。911ターボより20 mm車高が低く、2WD化によって911ターボより100 kg軽くなっています。PSMは装備されません。トランスミッションのギヤ比や最終減速比なども964ターボと同一でした。

1/64 京商 アストンマーチンミニカーコレクション アストンマーチン DBSカーボン

強者の余裕。
あ_convert_20170518221748

あ _convert_20170518221813

あ  _convert_20170518221900
今回紹介するのはDBSカーボンです。517PSを発生する6リッターV型12気筒をフロントに搭載したアストンの上位モデルです。もともとカーボンやマグネシウムなどの素材が多用されていますが、そのコンセプトをさらに突き詰めた特別仕様車です。
時計
プロフィール

ウイングロード乗り

Author:ウイングロード乗り
きよと申します。よろしくお願いします。
性別 男
年齢 想像にまかせます。
趣味 クルマ ミニカー ももちゃんと遊ぶ 映画観賞 ドラマ 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミニカー/模型
16位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
.main_menu_fold { margin-left:10px; /* 全体の左の余白 */ } /* 親カテゴリ */ div.main_list_parent { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子なしカテゴリ */ div.main_list { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子カテゴリ */ div.sub_list { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch.gif"); /*ツリー画像 */ padding-left:20px; padding-top:2px; padding-bottom:2px; background-repeat: no-repeat; background-position: left top; } /* 子カテゴリ (最後尾) */ div.sub_list_end { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch_end.gif"); /*ツリー画像(最後尾) */ background-repeat: no-repeat; background-position: left top; padding-left:20px; padding-top:2px; margin-bottom:10px; /* 下の余白 */ } /* ▲親子カテゴリ (折りたたみ) ▲ */