トヨタ パッソ 1.0X

クルマネタです。
U00013568637_001_convert_20140928220255.jpg

U00013494937_3_001_convert_20140928220330.jpg
今回紹介するのはトヨタ パッソです。グレードは1.0Xです。このクルマもレンタカーで乗ったものです。先代パッソからのキープコンセプトということですが、先代に比べるとかなり女の子目線でつくられているように思いました。ボディサイズは旧型とかわりなく街中での取り回しもいい感じです。エンジン音などもそれなりです。変わったと感じたところは前方の見晴らしの良さです。旧型に比べると着座位置が高くなったように感じました。それとインパネもフラットで見通しのよさに貢献していると感じました。収納も多く使い勝手もよさそうです。あとウインカーを出したときの音も普通のカチカチという音ではなくカワイイ音でした。100万円代のコンパクトカーということもあり、特に若い女の子にオススメの1台といえると思います。

ゲーム 首都高バトル0

首都高バトル0
「首都高バトル0」今回倒したライバルは
チーム「TRUE RIDE」のジーニアスルーキーこと角田正則です。
じ_convert_20140928201700
スープラを521PSにチューン。リーダーの一番弟子。数々のテクニックを伝授されて、将来はリーダーのような走り屋になるのが夢だが、最近は坂本ばかりが可愛がられるので面白くない。時々素人級のミスをすることからその通り名が付けられた。
じ _convert_20140928201749
次はアイアンブロッカーこと坂本武昭です。
あ_convert_20140928201529
GTOを549PSにチューン。リーダーに見出され、いずれは後継者にと期待を寄せられている若き天才。その斬新な走りのスタイルは、閃きから生まれるものだという。しかし、その反面、我が強く、他人のアドバイスに耳を傾けることは滅多にない。
あ _convert_20140928201615
今回はここまでです。

映画 栄光のル・マン

栄光のル・マン [DVD]
「栄光のル・マン」今回も終盤のカーアクションシーンです。
デラニーが乗るポルシェ 917Kです。
え_convert_20140928102205
後方でのクラッシュに一瞬、気を取られたデラニーは前を走るポルシェ 911Sをかわすタイミングを誤り、ガードレールに激突、クルマが大破します。
え _convert_20140928102301

え  _convert_20140928102345

え   _convert_20140928102433

え    _convert_20140928102514

え     _convert_20140928102558

え      _convert_20140928102637

え       _convert_20140928112418

え        _convert_20140928113342

え         _convert_20140928113418
次回はサーキットで活躍したレースカーたちを紹介します。

ゲーム 首都高バトル0

首都高バトル0
「首都高バトル0」今回倒したライバルは
チーム「TRUE RIDE」のピンクリリーこと百合一成です。
ぴ_convert_20140927203704
スープラを499PSにチューン。以前からリーダーとは走り屋仲間でチーム結成に伴い参加。しかし、最近は走ることにあまり乗り気ではない。年齢を理由にしているが、本当はこの前に、15歳年下の奥さんをもらったからと思われる。
ぴ _convert_20140927203749
次はウォルターウルフこと中野宏之です。
う_convert_20140927203530
GTOを549PSにチューン。リーダーとはかつて、お互いにライバルと意識する仲だった。最近、リーダーがかわいがっている坂本にあまりいい印象をもっておらず、そのため角田に肩入れしている。納得するまで走りこむタイプ。
う _convert_20140927203614
今回はここまでです。

映画 栄光のル・マン

栄光のル・マン [DVD]
今回紹介するのは71年公開、スティーブ・マックイーンほか出演、「栄光のルマン」です。
フランスのル・マン郊外で開催される、モータースポーツの祭典「ル・マン24時間レース」。過去のレースで悲劇を経験したアメリカ人レーサーのデラニーは苦しみを抱えながらレースに臨む。順調にレースは進むが、夜が明けた頃、大事故が発生する・・・
ル・マンということでレースシーンが多くなってます。
え_convert_20140927165716

え _convert_20140927165830

え  _convert_20140927165928
フェラーリ 512Sです。
え_convert_20140927172607
終盤、1台の512Sがコーナーでスピンしコース上にストップします。
え   _convert_20140927170018

え    _convert_20140927170058

え     _convert_20140927170216
そこにもう1台の512Sがやってきます。
え      _convert_20140927170256
止まっている512Sをかわしますが、コントロールを失い、コースアウト、看板に突っ込み爆発します。
え       _convert_20140927170420

え        _convert_20140927170457

え         _convert_20140927170653

え          _convert_20140927170746

え           _convert_20140927170828
次回も終盤のカーアクションシーンです。

1/64 トミカリミテッドヴィンテージNEO BMW325i

今回もミニカーです。
3_convert_20140924223513
BMWです。
3 _convert_20140924223639

3  _convert_20140924224233
ドイツ御三家がそろいました。
3   _convert_20140924224338
今回紹介するのは BMW 325iです。2代目となるこのモデル登場は82年で4ドアは83年に登場しました。この4ドアは同時期に発売されていたベンツ 190Eと人気を分け合ったそうです。
ミニカーですが、さすがというべきクオリティです。BMWといえばこのE30やE34なんかのキドニーグリル+丸4灯のイメージが強いです。同時期のベンツ、アウディと並べてみると、ゴツイ190Eに対して、325i、80はスタイリッシュにみえますね♪

1/64 トミカリミテッドヴィンテージNEO 西部警察13 セドリック覆面パトカー230型/330型 2台セット

今回もミニカーです。
せ_convert_20140923222212
230セドリックです。
せ _convert_20140923222255

せ  _convert_20140923222350
以前に紹介した230グロリアとセドリックの比較です。
せ   _convert_20140923222500
フロントはグリルデザインの違いで大きく印象が変わります。
せ    _convert_20140923222536
リアも細部のデザインの違いで識別化されてます。
せ      _convert_20140923222701
今回は前回の330セドリックに続き、230セドリックを紹介します。西部警察では初期から登場し、パトカー、覆面パト、逃走車などとしてカーチェイスやアクションシーンで活躍しました。ミニカーはセドリックの覆面でいつもながらのすばらしい出来です。また以前紹介した230グロリアと見比べてみるとフロントグリル周りの違い、リアのデザインの違いがちゃんと作り分けられています。今回のセットはスーパーマシンに比べると地味と言えば地味ですが、出来もかなりよく、コレクションに深みが出るものだと思います。

1/64 トミカリミテッドヴィンテージNEO 西部警察13 セドリック覆面パトカー230型/330型 2台セット

久しぶりのミニカーです♪
せ_convert_20140922220357
パッケージです。
せ _convert_20140922220456

せ  _convert_20140922220548
330セドリックです。
せ   _convert_20140922220623

せ    _convert_20140922220656
今回は330セドリック/230セドリックのセットから330セドリックを紹介します。330セドリックと言えば西部警察では初期からメインの覆面パトカーとして使用され、その後は逃走車や破壊スタントなどで大活躍しました。ミニカーは初期の覆面パトカーを再現しているようで、まだノーマルホイールです。小さいですがホントよく再現されてるなぁと思います。雰囲気がバッチリ伝わってきます。次回は230セドリックを紹介します。

トヨタ ヴィッツ 1.0B

クルマネタです。
u.jpg

う
今回紹介するのはトヨタ ヴィッツです。グレードは1.0Bでした。このクルマは以前にレンタカーで乗りました。2代目となるこのモデルは初代に比べるとひとまわりくらい大きくなった印象でした。しかしそれでもコンパクトなので街乗りではスイスイと走れました。3気筒エンジンということで振動、騒音は結構大きめで、高速道路ではちょっとキツいなと感じました。また、以前に紹介したパッソに比べるとラゲッジスペースが狭いなとも感じました。それでも買い物とか普段の足として使うなら十分なクルマだなと感じました。

ゲーム 首都高バトル0

首都高バトル0
「首都高バトル0」今回倒したライバルは
チーム「TRUE RIDE」のサニードラゴンこと三宅龍太です。
さに_convert_20140921202230
GTOを518PSにチューン。走り屋であり、腕の立つチューナーでもある。リーダーは、彼以外の者にクルマをいじらせることはない。一時は首都高を走る誰もが「三宅チューン」に憧れ、数ヶ月先の予約までびっしり埋まっていたという。
さに _convert_20140921202310
次はストライクスターこと久世隆です。
ど_convert_20140921202347
フェアレディZを518PSにチューン。バーのマスター。若い頃はずいぶんワルかったらしいが今ではすっかり丸くなっている。客として来ていたリーダーの話を聞いているうちに自分も走りたいと思うようになった。強引なライン取りだがグリップ走法が得意。
ど _convert_20140921202431
今回はここまでです。

映画 マキシマム・リスク

マキシマム・リスク [DVD]
「マキシマム・リスク」今回は前回のシーンの続きです。
敵が銃を乱射し、アランが追われる立場になりチェイスが続きます。
ま_convert_20140921110428
アランが路地に止まっているフォルクスワーゲン パサートに衝突、パサートが爆発します。
ま _convert_20140921110555

ま  _convert_20140921110711

ま   _convert_20140921110815

ま    _convert_20140921110859
シトロエン GSAにも引火し爆発します。
ま      _convert_20140921111032

ま     _convert_20140921110957
チェイスの末、アランのクルマは建物に突っ込み、横転します。
ま       _convert_20140921111217

ま        _convert_20140921111319

ま         _convert_20140921111410
ちょっと古めのこの作品、アクションもなかなかでストーリーもシンプルで安心して見れる作品だと思います。最近の凝った作品などをみていると、少しつまらないと思うこともあるかもしれませんが、凝り過ぎてよくわからない内容になってしまった作品のことを思うとそれなりに満足できると思います。

映画 マキシマム・リスク

マキシマム・リスク [DVD]
「マキシマム・リスク」今回も終盤のカーアクションシーンです。
敵が乗るルノー 9です。
ま_convert_20140921095218
アランがルノー 5で後を追います。
ま _convert_20140921095341

ま  _convert_20140921095431
激しいサイドバイサイドになります。
ま   _convert_20140921095546
衝突した弾みで敵の9が屋台?を台にしてジャンプします。
ま    _convert_20140921095710

ま     _convert_20140921095846

ま      _convert_20140921095936

ま       _convert_20140921100102

ま        _convert_20140921100209
次回はこのシーンの続きです。

映画 マキシマム・リスク

マキシマム・リスク [DVD]
「マキシマム・リスク」今回は終盤のカーアクションシーンです。
敵が乗るルノー トラフィックです。
ま_convert_20140916215445
敵は暴走を始めます。
ま _convert_20140916215533
アランがタイヤに発砲し、タイヤが破裂、コントロール不能になり横転します。
ま  _convert_20140916215609

ま   _convert_20140916215657

ま    _convert_20140918211518

ま     _convert_20140918211727

ま      _convert_20140918211902

ま       _convert_20140918211955
BMW 3シリーズに衝突し爆発します。
ま        _convert_20140918212038

ま         _convert_20140918212215

ま          _convert_20140918212259
さらにもう1度爆発します。
ま           _convert_20140918212401

ま            _convert_20140918212452

ま             _convert_20140918212811
次回も終盤のカーアクションシーンです。

トヨタ パッソ X

クルマネタです♪
U00012872157_001_convert_20140914223838.jpg

U00012872157_3_001_convert_20140914223917.jpg
今回はトヨタ パッソです。グレードはXでした。このクルマは免許取りたての頃にレンタカーで乗ったものです。免許取ってから初めて運転したクルマでワクワクしながら乗ったのを覚えています。クルマはシンプルそのもので外観もそうですが、インテリアもシンプルでちょっと素っ気ないくらいでした笑 走りは街中で乗る分には十分でしたがエンジン音が大きめに思えました。これといった特徴は無いですが、日常の足に使うには不自由ないクルマだと思います。

ゲーム 首都高バトル0

首都高バトル0
「首都高バトル0」今回倒したライバルは
チーム「THUNDER DRAGOON」の黄龍こと李星辰です。
き_convert_20140914220040
バイパーを763PSにチューン。都内の拳法教室師範。そのドラインビングもまさに拳法の如し。無駄が無く、水のように流れるステアリングに中国4000年の歴史を見る!?クルマに乗る時も道着を着ていることが多い。
き _convert_20140914220154
次は白龍こと陳零周です。
し_convert_20140914220411
バイパーを801PSにチューン。リーダーの経営する中華料理店の料理長。料理同様に、クルマもテンポよく乗りこなす。ハデにチューンしたクルマで買い出しに出かけることもある。
し _convert_20140914220443
次はチーム「THUNDER DRAGOON」のリーダー、黒龍こと王永輝です。
く_convert_20140914220232
バイパーを801PSにチューン。横浜の中華街で人気中華料理店を経営している。とにかく金をかけまくったチューニングと派手な外装が人目を引く。「TEAM ALPHA」の連中と、よく湾岸線でバトルしている。
く _convert_20140914220325
今回はここまでです。

マキシマム・リスク

マキシマム・リスク [DVD]
今回紹介するのは96年公開、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ナターシャ・ヘンストリッジほか出演、「マキシマム・リスク」です。
 元軍人の刑事アランは、殺された男を見て驚いた。彼ミカエルの顔は、アランにそっくりだったのだ。彼は母から、ミカエルは養子に出された双子の兄弟だと知らされる。やがてアランは、ミカエルがマフィアを裏切って彼に会いに来たことを知る。だがマフィアは、アランをミカエルと間違えて襲いかかってきた…
冒頭のカーアクションシーンです。
1人の男が乗るピアジオ アペP601です。
ま_convert_20140914111156
男を追う2人が乗るルノー25です。
ま _convert_20140914111249
狭い路地でのチェイスが繰り広げられます。
ま  _convert_20140914111543

ま   _convert_20140914111642

ま    _convert_20140914112403
25がアペに衝突、アペは衝撃で弾き飛ばされ、ダイブします。
ま     _convert_20140914112505

ま      _convert_20140914112544

ま       _convert_20140914112624

ま        _convert_20140914112724
そして通りがかりのシトロエン BXに衝突します。
ま         _convert_20140914112756

ま           _convert_20140914112942
さらに、投げ出された男はフォード フィエスタに突っ込みます。
ま            _convert_20140914152604

ま             _convert_20140914113117
次回は終盤のカーアクションシーンです。

ゲーム 首都高バトル0

首都高バトル0
「首都高バトル0」今回倒したライバルは
チーム「THUNDER DRAGOON」の緑龍こと黄利靖です。
み_convert_20140913213846
バイパーを727PSにチューン。留学生。将来の夢は祖国でソフト会社を設立すること。15歳の時からハンドルを握っているので、キャリアは長いが、気は短い。チーム仲間である何家衛の貿易会社でアルバイトをしている。
み _convert_20140913214138
次は赤龍こと何家衛です。
あ_convert_20140913215037
バイパーを763PSにチューン。貿易商を営む青年実業家。陽気で屈託の無い性格は中国人だけでなく、日本人にも愛されている。クルマだけでなく、ボートや自家用機まで所有。外観からは想像もつかないような徹底したチューンが施されている。
あ _convert_20140913215212
今回はここまでです。

デコトラ★ギャル奈美

デコトラ・ギャル 奈美(ハードデザイン版) [DVD]
今回紹介するのは2008年公開、吉沢明歩、今野梨乃ほか出演、「デコトラ★ギャル奈美」です。
伝説のトラック野郎としてならした、亡き父のデコトラを受け継いだ奈美(吉沢明歩)。気風のよさと確かな腕前で、荷主たちにも大人気の奈美の元に、新しい相棒として加わったのが、桃香(今野梨乃)だった。トラッカー相手に身体を売って生きてきた桃香の「まじめに生きたい!」という一途な気持ちにほだされて始まった凸凹コンビだったが、ある日思いもよらない事件に巻き込まれてしまい・・・
カーアクションものではありませんが、好きなデコトラが登場しているので紹介します。
奈美が乗る勇生丸です。
で_convert_20140913165102
ナイトシーンです。
で       _convert_20140913165549

で        _convert_20140913165625
爆心丸も登場します。
で    _convert_20140913165357

で     _convert_20140913165435

で         _convert_20140913165708

で          _convert_20140913165742
レースやカーチェイス?シーンもあります。
で   _convert_20140913165319

で      _convert_20140913165517
序盤では有俊丸とのレースシーンがあったりします。
で _convert_20140913165154

で  _convert_20140913165242
オリジナルビデオ系の作品ということで、カーアクションなどはありませんが有名なデコトラがいくつか登場します。ストーリーはこういう作品にはありがちな内容で、レースシーンも迫力はあまり感じませんでした。しかし、意外に人気なようでシリーズ化されているようです。暇な時に見てみてはいかがでしょうか笑♪

レクイエム

519zNTkTwVL_convert_20140907120625.jpg
「レクイエム」今回は終盤のカーアクションシーンです。
アーチャーがのるBMW 7シリーズです。
れ_convert_20140908215126
敵のアジトにクルマで突っ込みます。
れ _convert_20140908215349

れ  _convert_20140908215428
クルマはコンテナに激突し爆発します。
れ   _convert_20140908215502

れ    _convert_20140908215548

れ     _convert_20140908215626
今から10年前に公開されたちょっと古めのこの作品、ストーリーはシンプルな復讐劇です。全体的に暗いイメージでどこか悲しみ連想させられました。カーアクションなどもしっかりしていて、そこそこ楽しめる作品だと思います。

ホンダ フィット1,3A

クルマネタをひとつ♪
U00013365232_001_convert_20140907221031.jpg

U00013365232_18_001_convert_20140907221106.jpg
今回はフィットです。このクルマは仲良くしている会社の先輩の愛車です。グレードは1,3Aでした。乗った印象ですがCVTのクルマは初めてでギアが切り替わらない感覚は不思議に思えました。普通の道だとあまり違和感はありませんでしたが、高速になるとCVTのモーター音?のようなキーンという音が運転席には聞こえてきました。あとエンジン音が大きく、後ろの席の人との会話はかなり大変でした。高速はともかく街乗りするにはちょうどいいクルマだと思いました♪

ゲーム 首都高バトル0

首都高バトル0
「首都高バトル0」今回倒したライバルは
チーム「THUNDER DRAGOON」の青龍こと劉慧倫です。
あ_convert_20140907203341
バイパーを725PSにチューン。リーダーの経営する中華料理店の経理を担当。金銭感覚に優れ、どこで見つけてくるのか激安のパーツを入手してチューンしている。たまに粗悪品を掴まされて悔しがっているが、それもまた楽しいらしい。
あ _convert_20140907203429
次は灰龍こと周慶徳です。
はい_convert_20140907203621
バイパーを725PSにチューン。新宿にある中国人パブ「番仙」のマスター。ある日本人F1ドライバーとは20年来の友人だとか。物静かだが目はただならぬ輝きを放っている。多忙な身なので首都高には稀にしか来ないが、愛車磨きは怠らない。
はい _convert_20140907203659
今回はここまでです。

レクイエム

519zNTkTwVL_convert_20140907120625.jpg
今回紹介するのは2004年公開、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、サイモン・ヤムほか出演、「レクイエム」です。
闇の世界で危険なビジネスに身を置いてきたベン・アーチャー。彼は、美しき妻シンシアと息子ニコラと平穏な家庭を築きたいと願い、足を洗った。しかしある日、ソーシャル・ワーカーを務める妻シンシアが中国から密入国してきた少女キムを自宅へと連れ帰ったことから悲劇は訪れた。キムを追いかけて来たチャイニーズ・マフィアが、シンシアと彼女の養父母を惨殺してしまう。キムとニコラはかろうじて逃げ延びるが、最愛の妻を失ったベンの心には、もはや“復讐”の二文字しか存在しなかった・・・
今回は終盤のカーアクションシーンです。
アーチャーが乗るシボレー カマロです。
ま_convert_20140907100757
敵が乗るジープ グランドチェロキーです。
ま _convert_20140907100930
ジャンプしたり、激しいサイドバイサイドが繰り広げられます。
ま  _convert_20140907101027

ま   _convert_20140907101103

ま    _convert_20140907101158

ま     _convert_20140907101239

ま      _convert_20140907101332

ま       _convert_20140907101418

ま        _convert_20140907101800
アーチャーがクルマをスピンさせ敵のクルマを止めます。
ま         _convert_20140907101932

ま          _convert_20140907102025
そこへフォード LTL-9000のタンクローリがジャックナイフ状態で向かってきます。
ま           _convert_20140907102115

ま            _convert_20140907102200
寸前のところでアーチャーはクルマを発進させにげますが、敵はトレーラーに衝突され爆発します。
ま             _convert_20140907102257

ま              _convert_20140907102333

ま               _convert_20140907102419
次回も終盤のカーアクションシーンです。

映画 ワイルドスピード

ワイルド・スピード [DVD]
「ワイルドスピード」今回は脇で活躍した?クルマたちです。
ブライアンの働くショップのフォード F150です。
わ_convert_20140905225117
レティが乗るS14シルビアです。
わ _convert_20140905225209
レオンが乗るR33GT-Rです。
わ  _convert_20140905225303
ミアが乗るインテグラです。
わ   _convert_20140905225402

わ    _convert_20140905225459
ここからはギャラリーのクルマです。
シビッククーペです。
わ     _convert_20140905225539
エクリプスカブリオレです。
わ      _convert_20140905225623
ランエボ顔が特徴的なエクリプスです。
わ       _convert_20140905225716
CR-Xデルソルです。
わ        _convert_20140905225820
セリカXXです。
わ         _convert_20140906214900
シビッククーペです。
わ          _convert_20140906215244
シビックです。
わ           _convert_20140906215407
レクサスSCです。
わ            _convert_20140906215529
アメリカのストリートレースを題材とした人気シリーズの第1作目となるこの作品、カーアクションがたまらなくいいです。馴染み深い日本車たちが迫力満点で活躍する姿はこの作品を見た当時は興奮しました。主役のクルマだけでなく、ギャラリーが乗っている、映画では一瞬しか映らないクルマも興味深いものがたくさんあります。当時はシリーズ化されるとは思っていませんでしたが、こういう映画が人気シリーズになるのはクルマ好きとしてはうれしいところです。

映画 ワイルドスピード

ワイルド・スピード [DVD]
「ワイルドスピード」今回はクライマックスのカーアクションシーンです。
列車をかわした直後、ドミニクのクルマの前にフレートライナー FLDが現れ衝突、宙を舞い大破します。
わ_convert_20140903222455

わ _convert_20140903222536

わ  _convert_20140903222623

わ   _convert_20140903222829

わ    _convert_20140903222937

わ      _convert_20140903223431

わ       _convert_20140903223511

わ        _convert_20140903223624

わ         _convert_20140903223659
次回は脇で活躍した?クルマたちです。

映画 ワイルドスピード

ワイルド・スピード [DVD]
「ワイルドスピード」今回はクライマックスのレースシーンです。
ブライアンとドミニクが1対1でレースを始めます。
わ_convert_20140901214637
ドミニクのチャージャーはハイパワーのあまりウイリーします。
わ _convert_20140901214814

わ  _convert_20140901214851

わ   _convert_20140901214956

わ    _convert_20140901215039
踏み切りを列車が通過しようとしていますが、2台はそのまま加速します。
わ     _convert_20140901215137
列車スレスレで走り抜けます。
わ      _convert_20140901215229

わ       _convert_20140901215305

わ        _convert_20140901215344
次回はこのシーンの続きです。
時計
プロフィール

ウイングロード乗り

Author:ウイングロード乗り
きよと申します。よろしくお願いします。
性別 男
年齢 想像にまかせます。
趣味 クルマ ミニカー ももちゃんと遊ぶ 映画観賞 ドラマ 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミニカー/模型
9位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
.main_menu_fold { margin-left:10px; /* 全体の左の余白 */ } /* 親カテゴリ */ div.main_list_parent { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子なしカテゴリ */ div.main_list { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子カテゴリ */ div.sub_list { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch.gif"); /*ツリー画像 */ padding-left:20px; padding-top:2px; padding-bottom:2px; background-repeat: no-repeat; background-position: left top; } /* 子カテゴリ (最後尾) */ div.sub_list_end { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch_end.gif"); /*ツリー画像(最後尾) */ background-repeat: no-repeat; background-position: left top; padding-left:20px; padding-top:2px; margin-bottom:10px; /* 下の余白 */ } /* ▲親子カテゴリ (折りたたみ) ▲ */