イラスト 二代目夜桜丸

イラストです。
う_convert_20160630231928
今回は二代目夜桜丸を描いてみました。このクルマはキャンターをベースに鉄火面グリルなどで飾られた歌麿会会長車だったクルマです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
ツーリストトロフィー、今日の1台は
ホンダ VT250Fです。
ほ_convert_20160630230439
250cc 33PS
ほ _convert_20160630230524
最高速176km/hでした。
ほ  _convert_20160630230609

ホンダ N-ONE、Nワゴンカスタム

気になるクルマ、今回はカスタム軽カー4台です。
え_convert_20160630215059

え _convert_20160630215140

え  _convert_20160630215208

え   _convert_20160630215252
1台目はN-ONEです。モデューロのものと思われるエアロにホイール、ストライプが印象的な1台です。
2台目のN-ONEは1台目と同じくモデューロのものと思われるエアロですが、1台目のクルマとグリル周りの塗り分け違い大きく印象が違って見えます。
3台目のN-ONEはスポイラーやストライプでレーシーな雰囲気が出ていました。
4台目はNワゴンです。グリルやホイール、ストライプ、無限のエンブレムなどでスポーティな印象を受けます。

映画 新劇場版 頭文字D Legend 2 -闘走-

新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend2 -闘走- [Blu-ray]
「新劇場版 頭文字D Legend 2 -闘走-」今回は池谷と庄司慎吾のバトルシーンです。
池谷が峠をながしていると後ろからシビックが現れます。
い_convert_20160630212759

い _convert_20160630212831
シビックの強烈なプッシュにより池谷がスピンします。
い  _convert_20160630212926

い   _convert_20160630213002
次回は拓海と庄司のバトルシーンです。

イラスト ハイマー モービル

イラストです。
は_convert_20160629223939
今回はハイマー モービルを描いてみました。ハイマーはドイツを代表するキャンピングカーメーカーです。モービルはメルセデスベンツのトラックシャシーをベースにオリジナルのボディを架装したクルマです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
ツーリストトロフィー、今日の1台は
ヤハマ RZ250です。
や_convert_20160630211919
250cc 35PS
や _convert_20160630211956
最高速179km/hでした。
や  _convert_20160630212033

トヨタ セリカ、スプリンタートレノ

気になるクルマ、今回はスポーツカー2台です。
せ_convert_20160630201125

せ _convert_20160630201309

せ  _convert_20160630201402

せ   _convert_20160630201547
1台目はセリカです。このクルマは85年登場の4代目モデルです。このモデルからFFへと駆動形式を変更しています。スタイリングは、先代モデルを流動感ある曲線でなめらかに整形したかのようなラインを採用しています。クーペはコロナ・ハードトップと統合されコロナクーペとなり、ボディタイプはリフトバックのみとなりました。
2台目はスプリンタートレノです。このクルマは83年登場の4代目モデルです。83年にモデルチェンジされたE80系カローラ&スプリンターシリーズのセダンは、駆動方式をFFに変更しますが、走りを最優先したスポーツモデルであるレビン・トレノは当時のFFに対して、スポーツカーとして求められる高い走行性能などにおいては未知数であったことなどを理由に、走りを重視したレビン・トレノに関しては従来どおりFRを採用しました。デザイン面では当時のスポーツカーのアイコン的存在ともいえるリトラクタブル式ヘッドライトを採用し、レビンとの差別化を図りました。

映画 新劇場版 頭文字D Legend 2 -闘走-

新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend2 -闘走- [Blu-ray]
今回紹介するのは2015年公開、「新劇場版 頭文字D Legend 2 -闘走-」です。
赤城レッドサンズの高橋啓介を負かし、謎の天才ドライバー「秋名のハチロク」として注目を浴びる藤原拓海。そんな状況に困惑する彼だったが、ハチロクと対戦しようとさまざまな走り屋たちが秋名に集まってくる。ある日、拓海の友人の樹が妙義ナイトキッズの中里毅との勝負を彼の断りもなく引き受けてしまう。チューンアップが施された中里毅の愛車GT-Rと対峙(たいじ)する拓海のハチロク。火花を散らして峠を激走する両者の姿を、妙義ナイトキッズのナンバー2である庄司慎吾が見つめていた…
拓海と中里のバトルシーンです。
い_convert_20160629223116

い _convert_20160629223154
拓海が溝落としで勝負をかけます。
い  _convert_20160629223231

い   _convert_20160629223301

い    _convert_20160629223401
中里も負けじと加速しますがコントロールを失い、スピンします。
い     _convert_20160629223431

い      _convert_20160629223456

い        _convert_20160629223530
次回は池谷と庄司慎吾のバトルシーンです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
ツーリストトロフィー、今日の1台は
ヤマハ TW225Eです。
え_convert_20160628232913
223cc 18PS
え _convert_20160628232944
最高速122km/hでした。
え  _convert_20160628233019

トヨタ クラウン、ニッサン グロリア

気になるクルマ今回はセダン2台です。
く_convert_20160628230448

く _convert_20160628230524

く  _convert_20160628230548

く   _convert_20160628230610
1台目は71登場の4代目クラウンです。「スピンドル・シェイプ」と呼ばれる、丸みを帯びたスタイルから「クジラ」の愛称を持ちます。高速性能や安全性を意識して曲面を多用した車体や、斬新なスタイリングは、先代モデル以上に個人ユーザーへ訴求するものでした。しかし、時代を先取りしたスタイリングが当時の保守的なユーザーに敬遠されただけでなく、ボディー先端を絞り込んだデザインによってエンジンルームへの通風が不足し、夏季にオーバーヒートが続発したことや、ボディーの先端形状の見切りの悪さから、取り回しに支障が出たことによる不評が相次ぎ、同時期にモデルチェンジしたセドリック/グロリアに販売台数で逆転されたことから、「クラウン史上最大の失敗作」と言われてしまいました。
2台目は430グロリアです。79年登場の6代目モデルで、ガソリン全車にECCSと呼ばれるエンジン統合制御システムが導入された初の国産車でした。当時のキャッチフレーズは「サイレント・グロリア」でした。

映画 新劇場版 頭文字D Legend 1 -覚醒-

新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend1 -覚醒- [初回限定版] [Blu-ray]
「新劇場版 頭文字D Legend 1 -覚醒-」今回は拓海と啓介のバトルシーンです。
秋名でのバトルが始まります。
い_convert_20160628224847

い  _convert_20160628224959

い _convert_20160628224926

い   _convert_20160628225031
拓海が溝落としで啓介を抜き去ります。
い    _convert_20160628225102

い     _convert_20160628225133

い       _convert_20160628225207
次回は中里とのバトルシーンです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
ツーリストトロフィー、今日の1台は
ホンダ FTRです。
え_convert_20160627234731
223cc 19PS
え _convert_20160627234804
最高速121km/hでした。
え  _convert_20160627234837

トヨタ セリカ

気になるクルマ、今回はセリカです。
せ  _convert_20160627232534

せ   _convert_20160627232602

せ_convert_20160627232421

せ _convert_20160627232448
今回は81年登場の3代目セリカです。1台目は前期型です。このクルマは日本車初となるライズアップ式ヘッドランプを採用していました。また、日本車として唯一のポップアップ式ヘッドランプの採用例となっています。
2台目は83年登場の後期型です。マイナーチェンジによりリトラクタブル式ヘッドランプに変更となり、「ブラックマスク」と呼ばれていました。このモデルは2代目セリカXXとほぼ同時期に発売されたため、セリカXXの人気の影に隠れる形となってしまい、そのためセリカとしてはマイナーなモデルとなっています。

映画 新劇場版 頭文字D Legend 1 -覚醒-

新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend1 -覚醒- [初回限定版] [Blu-ray]
今回紹介するのは2014年公開、「新劇場版 頭文字D Legend 1 -覚醒-」です。
ドリフト勝負の名所として知られる秋名山。そこでRX-7を駆使する走り屋チーム・赤城レッドサンズの高橋啓介は、ハチロクこと旧型のトレノに、いとも簡単に追い抜かれてしまう。地元のチームである秋名スピードスターズと交流戦をすることになった赤城レッドサンズは、ハチロクとの対戦を希望する。スピードスターズを率いる池谷は、ガソリンスタンドでバイトしている高校生・藤原拓海の父親が、秋名山最速の走り屋と称された藤原文太だと知り、交流戦に参加するよう拓海に相談するが…
序盤のバトルシーンです。
池谷のS13です。
い_convert_20160627231242

い _convert_20160627231332
高橋啓介のFDです。
い  _convert_20160627231404
啓介が峠を攻めます。
い   _convert_20160627231442

い    _convert_20160627231518
池谷がコーナーをパスできずに事故をおこします。
い     _convert_20160627231556
次回は拓海とのバトルシーンです。

ガルフストリーム フレンドシップ

イラストです。
が_convert_20160623233852
今回はガルフストリームの中間モデル、フレンドシップを描いてみました。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
ツーリストトロフィー、今日の1台は
スズキ スカイウェイブSSです。
す_convert_20160623233115
250cc 23PS
す _convert_20160623233147
最高速132km/hでした。
す   _convert_20160623233219

DADフィット

気になるクルマ今回はドレスアップカーです。
ふぃ_convert_20160623231719
フィットです。初代モデルをベースにDADのフルエアロでドレスアップされていました。独特のグリルやホイールがアクセントになっています。

映画 DEAD OR ALIVE 犯罪者

DEAD OR ALIVE 犯罪者
「DEAD OR ALIVE 犯罪者」今回は前回のシーンの続きです。
城嶋が龍に向かって走り出します。
で_convert_20160623230525
龍の仲間がクルマに手榴弾を投げ込み、爆破します。
で _convert_20160623230609

で  _convert_20160623230642

で   _convert_20160623230710

で    _convert_20160623230815

で      _convert_20160623230856
三池崇監督のこの作品、Vシネ2大スターである、哀川翔、竹内力を主演に向かえバイオレンス全開の三池監督らしい作品になっています。ガンアクション、カーアクションも本格的です。ラストはある意味衝撃的でこれも三池監督らしいなと感じました。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
ツーリストトロフィー、今日の1台は
スズキ スカイウェイブタイプSです。
す_convert_20160621233000
250cc 23PS
す _convert_20160621233035
最高速132km/hでした。
す  _convert_20160621233109

トヨタ クラウン

気になるクルマ、今回はセダンです。
く_convert_20160621230849
クラウンです。このクルマは8代目モデルで89年登場の後期型です。以前紹介した前期型からフロントグリル、フォグランプ、テールランプ、前後バンパー等が変更されています。この年からV8エンジンを搭載したモデルも登場します。

映画 DEAD OR ALIVE 犯罪者

DEAD OR ALIVE 犯罪者
「DEAD OR ALIVE 犯罪者」今回はクライマックスのカーアクションシーンです。
龍たちが乗るボルボ 240です。
で_convert_20160621225204
城嶋が乗るグロリアです。
で _convert_20160621225256
一騎打ちになります。
で  _convert_20160621225330

で   _convert_20160621225410
龍たちのボルボがグロリアを避け、止まっていたマークⅡに衝突し横転します。
で    _convert_20160621225454

で     _convert_20160621225533

で      _convert_20160621225610

で       _convert_20160621225645

で        _convert_20160621225722
次回はこのシーンの続きです。

イラスト ガルフストリーム ツアーマスター

イラストです。
き_convert_20160620232539
今回はガルフストリーム ツアーマスターを描いてみました。ガルフストリームはアメリカに本社を置くキャンピングカーメーカーです。その代表格のクルマがツアーマスターです。400PSのエンジンを搭載し、キッチンやベッドを完備した豪華なクルマです

マツダ ファミリアSワゴン

気になるクルマ今回はワゴンです。
ふぁ_convert_20160620231512
今回はファミリアS-ワゴンです。このクルマは98年登場の9代目モデルです。このモデルは開発費を抑えるため、主要パーツはカペラと共通化されています。5ドアは販売戦略上「S-ワゴン」と呼ばれ、インプレッサスポーツワゴンや後発のアルテッツァジータ同様の、ショートワゴン的な5ドアハッチバックです。S-ワゴンの「S」には、“スポーティ、スタイリッシュ、ショート”の意味が込められています。
2004年に後継モデルであるアクセラにバトンタッチし、乗用車としてのファミリアの名は消滅しました。

映画 DEAD OR ALIVE 犯罪者

DEAD OR ALIVE 犯罪者
今回紹介するのは99年公開、哀川翔、竹内力、小沢仁志、石橋蓮司、鶴見辰吾、寺島進、本田博太郎、大杉漣ほか出演「DEAD OR ALIVE 犯罪者」です。
新宿署の刑事・城島(哀川翔)は、歌舞伎町で起きた中国マフィアとヤクザの抗争事件や現金強奪事件にタダならぬ臭いを感じ、署内の圧力に抵抗しながら、徹底的に洗い始める。捜査線上に浮かんだのは龍(竹内力)と呼ばれる中国残留孤児3世だった。一連の事件は城島が睨んだ通り龍を中心とするグループの仕業だった。龍を執拗に追う城島だったが…
中盤のカーアクションシーンです。
城島の家族が乗るマークⅡです。
で_convert_20160620225803
エンジンをかけた瞬間、クルマが爆発します。
で _convert_20160620225851

で  _convert_20160620225929

で   _convert_20160620230008
次回はクライマックスのカーアクションシーンです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
ツーリストトロフィー、今日の1台は
ヤマハ グランドマジェスティ250です。
ぐ_convert_20160615222159
250cc 24PS
ぐ _convert_20160615222234
最高速 138km/hでした。
ぐ  _convert_20160615222311

陸上自衛隊 スーパーグレート、73式中型トラック、73式大型トラック

気になるクルマ今回は自衛隊車両です。
じ_convert_20160615215956

じ _convert_20160615220029

じ  _convert_20160615220151

じ   _convert_20160615220225

じ    _convert_20160615220257
1台目はスーパーグレートです。見た目は一般のスーパーグレートと変わりありません。人員、物資輸送に使う車両でしょうか?
2台目は73式中型トラックです。73年に登場しました。日野、トヨタの共同開発され人員、物資輸送に使用されています。
3台目の73式大型トラックは荷台に何か装置を積んでいました。

映画 いつかギラギラする日

いつかギラギラする日 [DVD]
「いつかギラギラする日」今回は前回のシーンの続きです。
角町を倒した神崎を警察が包囲します。
い_convert_20160615212221

い _convert_20160615212304
神崎が逃走を試みます。
い  _convert_20160615212346
パトカーに体当たりを繰り返します。
い   _convert_20160615212427

い    _convert_20160615212514

い     _convert_20160615212550
パトカーに乗り上げ破壊していきます。
い      _convert_20160615212633
そのまま加速し、ジャンプ、海へダイブします。
い       _convert_20160615212716

い        _convert_20160615212815

い         _convert_20160615212910

い          _convert_20160615213003
深作欣司監督のこの作品、とにかくカーチェイスがすごいです。邦画でここまでカーアクションがある映画は珍しいように思います。
人間が破滅に向かっていく描写もよく描かれていると思います。1度は見てもらいたい作品だと思います。

ホンダ ロゴ

ほ _convert_20160614212049
今回紹介するのはロゴです。このクルマは96年登場の初期型です。シティの後継モデルとして登場しました。シティがスタイル重視の方針によって、実用性を損なってしまった反省から、徹底して実用優先で設計されました。しかし、余りに実用に徹しすぎたため、外観は商品性に乏しいものになってしまい売れ行きも芳しくなく、後継モデルとしてフィットにバトンを渡しました。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
ツーリストトロフィー、今日の1台は
ホンダ フォルツァSです。
ほ_convert_20160614213623
250cc 22PS
ほ _convert_20160614213707
最高速 140km/hでした。
ほ  _convert_20160614213744

ホンダ インスパイア

気になるクルマ、ホンダ車です。
ほ_convert_20160614212014
今回紹介するのはインスパイアです。このクルマは95年登場の2代目モデルです。レジェンドとアコードの間に位置するクルマでアメリカではアキュラTLとして販売されています。
時計
プロフィール

ウイングロード乗り

Author:ウイングロード乗り
きよと申します。よろしくお願いします。
性別 男
年齢 想像にまかせます。
趣味 クルマ ミニカー ももちゃんと遊ぶ 映画観賞 ドラマ 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミニカー/模型
5位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
.main_menu_fold { margin-left:10px; /* 全体の左の余白 */ } /* 親カテゴリ */ div.main_list_parent { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子なしカテゴリ */ div.main_list { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子カテゴリ */ div.sub_list { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch.gif"); /*ツリー画像 */ padding-left:20px; padding-top:2px; padding-bottom:2px; background-repeat: no-repeat; background-position: left top; } /* 子カテゴリ (最後尾) */ div.sub_list_end { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch_end.gif"); /*ツリー画像(最後尾) */ background-repeat: no-repeat; background-position: left top; padding-left:20px; padding-top:2px; margin-bottom:10px; /* 下の余白 */ } /* ▲親子カテゴリ (折りたたみ) ▲ */