イラスト フィアット 600

イラストです。
ふぃ_convert_20170130142444
今回はフィアット 600を描いてみました。このクルマは55年登場です。当時としては進歩的な小型サルーンで、発売後たちまちフィアットのベストセラーとなりました。全長約3.2mのボディに4人の大人が乗るための十分なスペースを確保するため、エンジンをリアに搭載します。設計はダンテ・ジアコーサです。しばしば、ミニと対比される小型車の秀作のひとつです。

AF VIPFEST JAPAN 2017

AF VIPFEST JAPAN 2017今回は
セルシオです。
あ_convert_20170130135850
クラウンです。
あ _convert_20170130135920
アコードツアラーです。
あ  _convert_20170130135944
インプレッサです。
あ   _convert_20170130140026
アウディ A5です。
あ    _convert_20170130140051
今回はここまでです。

映画 TAXi

p22249_d_v7_aa-200x300.jpg
「TAXi」今回も前回のシーンの続きです。
チェイスは続きハイウェイに舞台を移します。
た_convert_20170130135025
工事現場に入ります。
た _convert_20170130135148

た  _convert_20170130135230

た   _convert_20170130135323
ダニエルを追い抜くことに必死な犯人は加速を強めます。
た    _convert_20170130135358
しかし、先には道がなくベンツは止まれずジャンプします。
た     _convert_20170130135435

た      _convert_20170130135512

た       _convert_20170130135541
無事に着地しますが、先にも道がなく取り残されます。
た        _convert_20170130135627

た         _convert_20170130135700
人気シリーズ第1弾となるこの作品、笑いありのコメディアクションです。全体的な雰囲気はけっこうゆるいですが、カーアクションはとても本格的です。カーアクション映画の名作のひとつといっていい作品だと思います。

イラスト スズキ エブリイカスタム

イラストです。
え_convert_20170130112654
今回はエブリイをベースにフルエアロで装った実在するクルマを描いてみました。

AF VIPFEST JAPAN 2017

今回からは1月29日に大阪ATCホールで開催されたAF VIPFEST JAPAN 2017に出展されていたクルマたちを紹介します。
クラウンです。
あ_convert_20170130111905
ジェッタです。
あ _convert_20170130111936
マークⅡです。
あ  _convert_20170130111952
GSです。
あ   _convert_20170130112016
ISです。
あ    _convert_20170130112039
今回はここまでです。

映画 TAXi

p22249_d_v7_aa-200x300.jpg
「TAXi」今回も前回のシーンの続きです。
犯人がBMW 5シリーズに衝突5シリーズが横転、大破します。
た _convert_20170130105621

た  _convert_20170130105804

た   _convert_20170130105825

た    _convert_20170130105923

た     _convert_20170130105946
続いてフォード シエラと衝突、シエラが横転、大破します。
た      _convert_20170130110014

た       _convert_20170130110042

た        _convert_20170130110107

た         _convert_20170130110137

た          _convert_20170130110205

イラスト ムーヴ改

イラストです。
む_convert_20170128152057
今回はムーヴをベースにしたカスタムカーを描いてみました。ムーヴをベースにフロントをランボルギーニ風に改造した実在する車両です。

スバル エクシーガ

試乗記です。
UD0019585674_001L_convert_20170128144309.jpg
今回試乗したのはエクシーガです。2008年登場のこのクルマ、かつてドミンゴやトラヴィックといった7人乗りの車種としてを販売していましたが、ドミンゴについてはサンバーの排気量拡大版、トラヴィックについては初代オペル・ザフィーラのOEMでした。そこで、東京モーターショーなどでコンセプトカーという形で何度か提案をし、その流れを汲み、水平対向エンジンやAWDなど、スバルの特徴を強く表した、自社開発の多人数乗り乗用車として開発されたのが、エクシーガです。エクステリアはミニバンというよりレガシィの大型版というくらい全高が低いのが特徴です。室内も快適性が犠牲になりがちな3列目もちゃんとした快適性が確保されていました。走りに関してはアクセルレスポンスなど操作系が重いように感じました。総合的には大人数が乗れてスタイリッシュである点がほかのミニバンにはない点でこういうものを求めている人にはうれしいクルマではないかと感じました。

映画 TAXi

p22249_d_v7_aa-200x300.jpg
「TAXi」今回も前回のシーンの続きです。
激しいチェイスが続きます。
た_convert_20170128142417
ダニエルを避けたサヴィエム JNが横転します。
た _convert_20170128142545

た  _convert_20170128142608

た   _convert_20170128142636

た    _convert_20170128142714
次回もこのシーンの続きです。

ゲーム ドリフトスピリッツ

1200x630bf_convert_20161102230937.jpg
「ドリフトスピリッツ」今回のクルマは
シルエイティ真子Verです。
IMG_2278_convert_20170127092227.jpg

IMG_2279_convert_20170127092240.jpg
今回はここまでです。

1/64 京商 ニッサンレーシングカーコレクション R381

ミニカーです。
IMG_2588_convert_20170127092410.jpg

IMG_2592_convert_20170127092421.jpg

IMG_2593_convert_20170127092537.jpg
今回紹介するのはR381です。67年の第4回日本グランプリで敗れた日産ワークスは、R380の次のステップとして大排気量のビッグマシン投入を考えました。そこで開発されたのがR381です。1・2号車はグループ6規定に合わせ、ガルウィングドアをもつクローズドボディで製作されました。その後日本GPの車輌規定が改訂され、北米のCan-Amシリーズで主流だったグループ7規定の参加も可能になったため、オープン仕様へボディの改造を行いました。屋根とヘッドライトを取り払い、タイヤルームのあったリアエンドを短くカット。車体重量が軽減され、クローズドボディでは不安のあった直進安定性も向上しました。
鋼管スペースフレームシャーシは大排気量化に見合うよう太いメインパイプを使用し、アルミハニカムパネルを接着して剛性を強化しました。サスペンションはワイドトレッドタイヤの装着に合わせて、強度やジオメトリーを設定しました。
エンジンは日産初のビッグエンジン、5リッターV型12気筒 のGRX-1型を搭載する予定でしたが日本GPまでには開発が間に合わないため、Can-Amシリーズで普及していたシボレー製5.5リッターV型8気筒を代用することになり、輸入ブローカーのドン・ニコルズを通じてムーン社にチューニングを依頼。出力450馬力以上、という加速力が武器となりましたが、テスト走行では油圧低下などのトラブルが続出し「ガラスのエンジン」と呼ばれました]。R381の最大の特徴は、開発責任者の桜井眞一郎が考案したエアロスタビライザーと呼ばれる高層型可変リアウィングです。アメリカのシャパラルが先鞭をつけたものですが、日産の場合はリアウィングを中央から左右に分割して別個に動かすことで、左右リアタイヤの接地バランスの補正も意図しました。リアサスペンションにロール検知用のシリンダーを備え、コーナリング中車体がアウト側にロールするとイン側の油圧式シリンダーが作動し、イン側のウイングが立って荷重が懸かるという仕組みでした。また、ブレーキング時には左右両方のウィングが立ち、エアブレーキとしても機能した。コーナーでウィングが羽ばたくように動く様から、R381は「怪鳥」の異名をとることとなりました。68年開催の'68日本GPには、高橋国光、北野元、砂子義一の3台がエントリーしました。予選は高橋、北野が1-2位。決勝レースでは高橋はホイールトラブルでリタイア、砂子はオーバーヒートで遅れますが、北野が独走で優勝。R38シリーズとしては2年ぶり、日産自動車としては初の日本グランプリ制覇を成し遂げました。後継モデルのR382の開発にシフトする過程で、R381は計画通りGRX-1型エンジンを搭載し、オール自社製マシンのR381-IIへと生まれ変わりました。R380用のGR-8を2基組み合わせたGRX-1は、520馬力を発生しました。ボディ形状も見直され、タイヤ幅はよりワイドになり、エアロスタビライザーの効果を高めるため、ウィングはより高い位置に設置されました。R381-IIは68年からテストを行い、69年のフジスピードカップでデビューし、北野元が優勝します。このレースでは日産自動車とタキレーシングが松竹配給映画『栄光への5000キロ』の撮影に協力しており、劇中では石原裕次郎演じる主人公がR381に乗り、日本GPに出場するという設定でした。次いで富士300kmにエントリー。オイルクーラーをフロントからリアエンドに移設し、エンジン吸気管にインダクションポッドを取り付けました。NETスピードカップにも出場しますが、この頃可変ウィングが禁止されたため、ウィングを取り払いリアスポイラーを付けての参戦となりました。R381の走行安定性は前年の日本グランプリ時より劣り、予選でトヨタ・7に先行を許し、決勝でもトヨタに敗れ、これがR381最後のレースとなりました。

映画 TAXi

p22249_d_v7_aa-200x300.jpg
「TAXi」今回は前回のシーンの続きです。
犯人がプジョー 205に衝突します。
IMG_2445_convert_20170127092114.jpg

IMG_2446_convert_20170127092130.jpg

IMG_2447_convert_20170127092145.jpg

IMG_2448_convert_20170127092200.jpg

IMG_2449_convert_20170127092214.jpg
次回もこのシーンの続きです。

イラスト ロータス ヨーロッパカスタム

イラストです。
IMG_2391_convert_20170126125937.jpg
今回はヨーロッパをベースにしたカスタムカーを描いてみました。フロントライトを埋め込み式に変更し外観の印象を変えた実在するドリフト仕様車です。

1/64 京商 ニッサンレーシングカーコレクション R382

ミニカーです。
IMG_2587_convert_20170126125953.jpg

IMG_2589_convert_20170126135605.jpg

IMG_2590_convert_20170126135617.jpg
エンジン部分も再現されています。
IMG_2591_convert_20170126135628.jpg
今回紹介するのはR382です。68年日本グランプリを制覇した日産自動車にとって、次のステップはオール自社製マシンによるグランプリ制覇でした。このためV型12気筒5.0リットルのGRX-1型エンジンが開発され、R381に搭載されテストされました。
10月開催となったグランプリを目指し、新型のR382がシェイクダウンされたのは7月。シャーシはコクピット周りのメインセルをアルミスペースフレームで構成し、前部と側部をアルミモノコックで補強。エンジンをストレスメンバーとして利用した。R381の特徴だった可変ウィングが禁止されたため、リアはダックテール形状となり、R381以上にウェッジシェイプのマシンとなりました。グランプリ連覇を狙う日産は、よりパワーアップを求め、6.0リットルに拡大されたGRX-3型を開発、8月にシェイクダウンされた2号車に搭載されますが、6リットルに拡大されたエンジンが世に公表されたのは、グランプリ決勝の2日前でした。69年の日本グランプリには、ワークスポルシェ・917、トヨタ・7が参戦、日本モータースポーツ史上、一つの頂点と呼べるレースとなりました。このレースにR382は、高橋国光、北野元、黒沢元治ドライブで3台が出場しました。予選でポルシェ、トヨタを抑えR382は1-2-3。決勝ではウィークポイントのクラッチに負担をかけないよう慎重なスタートとなり、ポルシェ、トヨタの先行を許すもすぐに抜き返し1-2-3フォーメーションを築き、その後高橋車がトラブルで遅れるも黒沢、北野で1-2フィニッシュ。日産にとって2年連続のグランプリ制覇となりました。翌70年、富士インター300マイルに、R382はグランプリ以来初めて姿を見せます。このレースでも北野、黒沢で1-2フィニッシュを果たしますが、この翌日、日産自動車は公害対策に集中するため、70年日本グランプリの欠場を発表します。結果的にR38シリーズにとってこのレースが最後のレースとなりました。その後日本グランプリ優勝車両はアメリカのCan-Amシリーズ参戦の可能性を探るため米国に送られたましたが、現地でレースに参戦することはなく倉庫にしまわれたまま長い間放置された状態となってしまったそうです。
ミニカーですが、このクルマ独特のシルエット、コクピットやエンジン部分なども再現されていて価格を考えると満足いく仕上がりになっていると思います。

映画 TAXi

p22249_d_v7_aa-200x300.jpg
「TAXi」今回は終盤のシーンです。
ダニエルと犯人のチェイスが始まります。
IMG_2437_convert_20170126125730.jpg

IMG_2436_convert_20170126125742.jpg

IMG_2438_convert_20170126125801.jpg
交差点で犯人がルノー19と衝突、19が大破します。
IMG_2441_convert_20170126125830.jpg

IMG_2442_convert_20170126125841.jpg

IMG_2443_convert_20170126125859.jpg

IMG_2444_convert_20170126125913.jpg
次回はこのシーンの続きです。

イラスト トヨタ アリストカスタム

イラストです。
IMG_2412_convert_20170125160030.jpg
今回はアリストをベースにしたカスタムカーを描いてみました。ステルス戦闘機をイメージしたエアロにオーバーフェンダー、スポイラーが印象的な実在するクルマです。

1/64 トミカリミテッドヴィンテージNEO スカイラインパトカー

ミニカーです。
IMG_2584_convert_20170125155950.jpg

IMG_2585_convert_20170125160004.jpg

IMG_2586_convert_20170125160017.jpg
今回はジャパンのパトカー仕様を紹介します。スカイライン2000GTをベースにしたこの車両、当時のセドリックが排ガス規制でパワーダウンする中、かわってスカイラインのパトカーが増加したそうです。
丸型ヘッドライトの前期型は、最初期のパトカーにのみ装着された小型バンパー仕様を再現しているそうです。
ミニカーですがこれは西部警察シリーズではありませんがPARTⅢに時々登場する車両のような雰囲気です。画像も西部警察をイメージしてみました。

映画 TAXi

p22249_d_v7_aa-200x300.jpg
「TAXi」今回も前回のシーンの続きです。
トレーラーに衝突した309に別の309が突っ込みます。
IMG_2435_convert_20170125155839.jpg

IMG_2432_convert_20170125155906.jpg

IMG_2433_convert_20170125155922.jpg

IMG_2434_convert_20170125155851.jpg
次回は終盤のシーンです。

イラスト フォードマスタングカスタム

イラストです。
ま_convert_20170124232852
今回はマスタングをベースにオーバーフェンダー、エアロで武装した車両を描いてみました。

スズキ キャリイトラック

試乗記です。
U00019245966_001L_convert_20170124232803.jpg
今回試乗したのはキャリイトラックです。2013年登場の12代目モデルとなるこのクルマ、先代モデルから14年ぶりのフルモデルチェンジとなりました。乗った印象ですが、思ったよりは乗り心地は悪いものではありませんでした。乗用車並みではありませんが、長距離は別として難なく乗れる印象です。加速は十分で空荷の状態だとクルマの軽さを感じました。一気にアクセルを踏むと少し遅れて加速が始まるのは軽トラならではといって感じでした。あくまで仕事で使うクルマと考えると十分なものだと思います。

映画 TAXi

p22249_d_v7_aa-200x300.jpg
「TAXi」今回は前回のシーンの続きです。
犯人のベンツがボディカラーを塗り替え逃走します。
た_convert_20170124230010
交差点でボルボ F12の間をすり抜けます。
た  _convert_20170124230153

た _convert_20170124230107
プジョー 309のパトカーがボルボに衝突します。
た   _convert_20170124230222
106のパトカーも突っ込みます。
た    _convert_20170124230255

た     _convert_20170124230326
次回はこのシーンの続きです。

イラスト アウディ A5カスタム

イラストです。
あ_convert_20170123231516
今回はA5をベースにオーバーフェンダースポイラーで武装した実在する車両を描いてみました。

キャルステージ 訪問

キャルステージ、今回は
キャリイベースのアーリー ミリオン号です。
き_convert_20170123231549
アクティベースのロメオバンです。
き _convert_20170123231619
キャリイベースのTN360です。
き  _convert_20170123231650
キャリイベースのアーリーポップアップルーフです。
き   _convert_20170123231718
アルトベースのパオPK10です。
き    _convert_20170123231747
キャルルックカー専門店であるこのお店、店舗にはカワイイクルマがたくさん展示してありました。どのクルマもインテリアまで手が入れられていて結構大掛かりなカスタムが施されています。展示しているコンプリートカーのほかにもベース車を持ち込んでカスタムも施してくれるそうです。また、キャリイやハイゼットなど以外のクルマも相談すればワンオフパーツも作成してくれるそうです。

映画 TAXi

p22249_d_v7_aa-200x300.jpg
「TAXi」今回は中盤のシーンからです。
犯人が乗るベンツ 500Eです。
た_convert_20170123230313
交差点でアウディ 80とプジョー106が衝突します。
た _convert_20170123230416

た  _convert_20170123230443
警察が出動します。
た   _convert_20170123230530
ルノー21のパトカーが壁に衝突します。
た    _convert_20170123230606

た     _convert_20170123230640
次回はこのシーンの続きです。

イラスト BMW M3カスタム

イラストです。
び_convert_20170123103030
今回はM3をベースにしたカスタムカーを描いてみました。このクルマは実在するものでM3をベースにトタン板で製作されたオーバーフェンダーや大型のグリルガードなどが個性的なクルマです。

キャルステージ 訪問

今回は大阪 堺にあるキャルステージを訪問した際に撮影したクルマたちを紹介します。
アクティベースのイージーライダーです。
き_convert_20170123102447
バモスベースのサーフライダーです。
き _convert_20170123102504
キャリイベースのミニです。
き  _convert_20170123102551
キャリイベースのフレンチバスです。
き   _convert_20170123102616
サンバートラックベースのワーゲンバスキャンパーです。
き    _convert_20170123102640

き     _convert_20170123102708
今回はここまでです。

映画 TAXi

p22249_d_v7_aa-200x300.jpg
「TAXi」今回も前回のシーンの続きです。
大臣が乗るプジョー 605にフィアット クロマが突っ込みます。
た_convert_20170123102735

た _convert_20170123102809

た  _convert_20170123102830
ルノー5にプジョー406ブレークが突っ込みます。
た   _convert_20170123102853

た    _convert_20170123102925

た     _convert_20170123103007
次回は中盤のシーンです。

イラスト ダイハツ ミラジーノカスタム

イラストです。
み_convert_20170123100331
今回はミラジーノをベースにしたカスタムカーを描いてみました。このクルマは実在するものでミラジーノをベースにハンドメイドされたこのクルマ、エンジンは660ccから1800ccに拡大され、GTフォーミュラばりに低重心化されたフォルムが衝撃的です。

トヨタ プラッツ

気になるクルマ今回はプラッツです。
ぷ_convert_20170123100239
このクルマは99年登場です。ターセル、コルサ4ドアセダンの後継車にあたり、初代ヴィッツをベースにトランクを追加したモデルで、車台をはじめダッシュボードやフロントドアのアウターパネルなどをヴィッツと共有しています。米国市場では、車名をエコーとして販売され、4ドアセダンのほかにクーペモデルの2ドア版もあり、バジェットカーとして人気がありました。米国以外の一部の国々では、ヤリスセダンの名で販売されました。中国においては、天津一汽夏利汽車ブランドで生産され、前期モデルがシャーリー2000からヤァクーに名称を変更して、さらにマイナーチェンジの後期モデルはヴェラの名で販売されました。プラッツはヴィッツ系のパッケージングを持つことから 実用性や経済性に優れてサイズの割に車内は広く、トランクの容量も大きく、インパネにアナログ式、デジタル式に関わらずセンターメーターレイアウトを採用、2,370mmという軽自動車並みのショートホイールベースを備えています。同時発売されたファンカーゴとともに、当初からISOFIX対応のリヤシートが全車標準装備されました。また、新車の価格帯も経済的に抑えられた設定で、社用車や小型警ら車といった需要もありました。

映画 TAXi

p22249_d_v7_aa-200x300.jpg
「TAXi」今回も前回のシーンの続きです。
プジョー405にルノー25が衝突します。
た_convert_20170123094401

た _convert_20170123094432

た  _convert_20170123094456
ランチア テーマがランチア Y10に衝突します。
た   _convert_20170123094518

た    _convert_20170123094548

た     _convert_20170123094615

た      _convert_20170123094635
次回もこのシーンの続きです。
時計
プロフィール

ウイングロード乗り

Author:ウイングロード乗り
きよと申します。よろしくお願いします。
性別 男
年齢 想像にまかせます。
趣味 クルマ ミニカー ももちゃんと遊ぶ 映画観賞 ドラマ 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミニカー/模型
8位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
.main_menu_fold { margin-left:10px; /* 全体の左の余白 */ } /* 親カテゴリ */ div.main_list_parent { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子なしカテゴリ */ div.main_list { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子カテゴリ */ div.sub_list { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch.gif"); /*ツリー画像 */ padding-left:20px; padding-top:2px; padding-bottom:2px; background-repeat: no-repeat; background-position: left top; } /* 子カテゴリ (最後尾) */ div.sub_list_end { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch_end.gif"); /*ツリー画像(最後尾) */ background-repeat: no-repeat; background-position: left top; padding-left:20px; padding-top:2px; margin-bottom:10px; /* 下の余白 */ } /* ▲親子カテゴリ (折りたたみ) ▲ */