トヨタ カムリ、カリーナ

気になるクルマ、今回はセダン2台です。
か_convert_20170423220606

か _convert_20170423220645
1台目は86年登場の3代目モデルです。市場での人気が高いとはいえなかった先代の反省を踏まえ、車格感の向上を主眼としたモデルチェンジとなりました。エンジンは、2.0Lのみトヨタ初となるハイメカツインカムエンジンが搭載されました。ほかに1.8Lと2.0Lターボディーゼル、更に先代から引き続き2.0Lスポーツツインカムが用意されました。スタイリングはやや丸みを帯びたものとなり、上級車種のマークIIに代表される、当時流行していたハイソカーの要素を取り入れた豪華なインテリアや装備が特徴でした。その一方でフロントウインドウの傾斜はきつくなり、先代のような圧倒的な室内の広さは実感できなくなり、初のFF中型車として実験的な色彩が感じられた先代とは違う、トヨタ車としてごく普通の車となりました。先代の国外仕様に存在していた5ドアは欧州ではそれなりの需要があったものの、メイン市場である米国で人気を得られなかったため廃止されました。これに代えてステーションワゴンがラインナップされ、欧州向け5ドアモデルはコロナなどの他車種で対応することとなりました。なお、国外仕様はフロントグリルがビスタと同様のものとなっています。
2台目はカリーナです。このクルマは96年登場の7代目モデルです。ラインナップは4ドアセダンのみで、完全な国内専用車となりました。基本プラットフォームは前モデルのT190系のものを継承しています。フロントドアパネル、インストルメントパネルはT210系コロナプレミオおよび初代カルディナ後期と共通の物となっています。衝突安全ボディーGOAを採用しABSおよびエアバッグを全車標準装備とすることで安全性を高めました。

映画 ワイルドスピードMAX

51RPC5YAXaL_convert_20170412212544.jpg
「ワイルドスピードMAX」今回は前回のシーンの続きです。
敵が乗るコロラドオフローダーです。
わ_convert_20170423214351
ドミニクが体当たりし、横転させます。
わ _convert_20170423214419

わ  _convert_20170423214446

わ   _convert_20170423214511

わ    _convert_20170423214545
次回もこのシーンの続きです。

ゲーム 湾岸ミッドナイト

wa.jpg
「湾岸ミッドナイト」今回はR-200クラブのクルマたちを紹介します。
園田が乗るR33GT-Rです。
わ_convert_20170423213253
800PS
わ _convert_20170423213323
最高速363km/hでした。
わ  _convert_20170423213351
今回はここまでです。

1/64 京商 マセラティミニカーコレクション マセラティ ボーラ

ミニカーです。
ぼ_convert_20170423211256

ぼ _convert_20170423211335

ぼ  _convert_20170423211434
今回紹介するのはボーラです。マセラティは68年、当時親会社であったシトロエンからの提案を受け、ランボルギーニ・ミウラに端を発したスーパーカーの条件とも言える『ミッドシップ・2シーター・スーパーカー』というコンセプトを踏襲し、プロトタイプティーポ117を制作しました。71年のジュネーヴ・モーターショーでボーラとして発表、マセラティ初のミッドシップ2シーターとなりました。デザインはマセラティ・ギブリと同じくジョルジェット・ジウジアーロが担当。基本コンセプトはギブリと同じくウェッジシェイプですが、エンジンがミッドマウントされたためノーズは縮められ、リアは若干高く、長く延ばされています。シルバーに輝くステンレス製ルーフパネル、高く迫り上がったリアエンド、リアクウォーターまで伸びる広く大きなリアグラスエリアが特徴です。モノコックシャシー、エンジンマウントには鋼管フレームを採用。ギブリから流用された4.7L V8 DOHCエンジンは最高出力310PS、最高速度は280km/hを誇りました。マセラティの市販車としては初の四輪独立懸架方式サスペンションが採用され、シトロエンから油圧ブレーキシステムの提供を受けます。当時市販車でミッドシップレイアウトの製造、販売に成功していたのはイタリアのメーカーのみで、さらにミッドシップスーパーカーは軒並みパワー志向に走っており、ライバルのフェラーリ、ランボルギーニは主力車種にV12エンジンを採用するという中で、マセラティのラグジュアリー・V8ミッドシップ・2シーターというGTコンセプトは希有な存在とも言えました。73年、アメリカの排気ガス規制変更を受け、アメリカ市場向けに基準に満たない4.7Lエンジンを廃し4.9Lエンジンを搭載。排ガス基準を満たすために燃料コントロールされたエンジンは最高出力300PSにパワーダウンしています。75年、マイナーチェンジを受け、4.9Lエンジンは最高出力320PSにパワーアップされ、デザインに小変更がなされました。78年、生産終了。総生産台数530台。

ホンダ ストリート、ダイハツ ミラモデルノ、スバル プレオニコット

気になるクルマ、今回は軽カー3台です。
け_convert_20170423175314

け _convert_20170423175413

け  _convert_20170423175438
1台目はストリートです。このクルマは88年登場の2代目モデルです。姉妹車であるアクティと同時にフルモデルチェンジを受けます。このモデルからはアクティの名が外れ、「ホンダ・ストリート」となり、発売時の東京地区標準現金価格は「L」2WD MT車で92万円。当時では珍しいリアのスライドドアに全開閉式ウインドウを採用したことや、リアシートが足下のスペースに完全に格納されるなどの装備をし、後の「ステップワゴン」や「S-MX」などのホンダRVの原型を作りました。時流に合わせフロントドアにパワーウィンドウ[が設定された。エンジンはE05A型 直3 SOHC 12バルブとなり、出力は34PS。同型式のアクティバン同様、モデルライフを通じて4WD車はMT仕様のみで、初代に存在したAT仕様は設定されませんでした。テールランプもアクティバン同様に初代「トゥデイ」の後期型からの流用に変わりアクティバン、バモスホビオでも使用されています。99年にはアクティがフルモデルチェンジされ、乗用ワンボックスワゴンにバモス」の名称が復活したことによってストリートの名称は消滅しました。
2台目はミラです。このクルマはこのクルマは93年登場です。3代目モデルをベースに内外装を高級化した派生車です。全グレードノンターボで55psモデルと42psモデルが用意されました。各種快適装備のほかに、Gグレードには軽自動車初となる電動格納式ドアミラーも標準装備されました。専用の丸みを帯びたナンバープレート付きテールゲートに変えられています。
3台目はプレオニコットです。このクルマは2000年登場です。第33回東京モーターショーにCNGエンジン搭載車として参考出品された「ニコット」を市販化。市販車ではエンジンをマイルドチャージエンジンに置換し、i-CVTを搭載。インテリアもブルーを基調とした専用仕様としました。なお、フロントフェンダーはネスタ系と共通でした。

映画 ワイルドスピードMAX

51RPC5YAXaL_convert_20170412212544.jpg
「ワイルドスピードMAX」今回は前回のシーンの続きです。
敵が乗るグラントリノがコンチネンタルにぶつけ、横転させます。
わ _convert_20170423174115

わ_convert_20170423174044

わ  _convert_20170423174145

わ   _convert_20170423174214

わ    _convert_20170423174239
次回もこのシーンの続きです。

ゲーム 湾岸ミッドナイト

wa.jpg
「湾岸ミッドナイト」今回もミッドナイトランナーズクラスのクルマたちを紹介します。
アキオが乗るZ31です。
わ_convert_20170423171844
280PS
わ _convert_20170423171946
最高速255km/hでした。
わ  _convert_20170423172012
今回はここまでです。

1/64 京商 マセラティミニカーコレクション マセラティ カムシン

ミニカーです。
ま_convert_20170419214253

ま _convert_20170419214317

ま  _convert_20170419214342
今回紹介するのはマセラティ カムシンです。このクルマは73年登場です。72年、トリノモーターショーのベルトーネのブースにてボディデザイン初披露、翌年の73年のパリモーターショーにてマセラティのマークを冠された『カムシン』としてプロトタイプが発表されました。本格生産は74年からで開発コードはティーポ120。ギブリの後継モデルにあたります。デザインはベルトーネ時代のマルチェロ・ガンディーニが担当。当時のガンディーニらしく全体的にカッチリとまとめられ、かつ明確瞭然とした造形を見せます。鋭角的に張り出したサイドのエッジが、フロントノーズ先端から緩やかに曲線を描きながらテール後端まで真っ直ぐ伸びるウェストラインが特徴で、全体的にシャープな印象を与えています。ボンネット上は左右非対称のルーバーが真横に切られていることで幾何学的なサーフェイスを見せ、ボンネット上と言えど緩慢な印象を与えません。特筆すべきはテール面にガラスパネルが嵌め込まれており、テールランプ、マセラティマークを残して透明になっているため、非常に後方視界が良く、駐車などで後進する際には極めて有効で、このようなデザイン上の工夫がなされているのも大きな特徴となっています。インテリアは総革張りで、先代ギブリと同じくラグジュアリー志向の強い内装となっています。シートは2+2で、極めて小さな後席が設けられています。『カムシン』の名前はエジプトの砂漠地帯において季節的に吹き荒れる熱く激しい風、砂嵐が由来。シャシーは鋼管サブフレーム+金属パネル。エンジンはギブリSSと同じ4,930ccV8エンジンで、エンジンをフロントに積むFRレイアウト。最高出力 320PS最大トルク を生み、最高速度 275km/hでした。当時親会社にあったシトロエンの高圧油圧システムを使用し、ブレーキ、クラッチ、リトラクタブルヘッドライト、パワーステアリング、シート・ヘッドレストリクライニングを動作させました。しかし、この油圧システムは当時としては非常に高度な機能を持つ油圧回路でしたが、反面極めて高い油圧を維持するためにエンジンのパワーロスは避けられず、また高い油圧が原因でオイル漏れが頻発。結局この油圧システムを採用した車は当時の水準から見てもかなり信頼性の低いものでした。76年〜77年、フロントノーズ部分にルーバーが追加される等、内装、ボディ共に多少のマイナーチェンジを受け、82年生産終了。優れたデザイン、良好なエンジンを持ちながら、第一次オイルショックの煽りを受け、また前述の信頼性の低さもあって総生産台数430台に留まりました。

トヨタ カローラセレス

気になるクルマ、今回はカローラセレスです。
か_convert_20170419213633
このクルマは92年登場です。7代目カローラシリーズの派生車としてデビュー。トヨタとしては初のコンパクトクラスでの4ドアハードトップセダンモデルでした。姉妹車にスプリンターマリノがあり、相違点は、フロントフェイスとテールライトデザインのみ。ちなみにスプリンターマリノ同様、国内専用車でした。カリーナEDやコロナEXiVが生み出した4ドアハードトップブームに乗る形で発売されたスタイリッシュ・スポーティー4ドアでしたが、その後のRVブームの時期にさしかかると4ドアそのものの不人気に加え、その低いルーフが生み出す独特のスタイルと引き替えに失った居住性が災いし、販売成績は下落の一途を辿りました。“本家”であるカローラがフルモデルチェンジした95年にもモデルチェンジされる事なく車両形式E100型のまま継続生産する事となりましたが、エンジン・ミッション・サスペンション等の主要コンポーネンツはE110型用に改良されたものに変更されます。最終的には98年のモデル廃止まで生産が続けられました。

映画 ワイルドスピードMAX

51RPC5YAXaL_convert_20170412212544.jpg
「ワイルドスピードMAX」今回は終盤のシーンです。
ブライアンが乗るインプレッサです。
わ_convert_20170419211140

わ _convert_20170419211224
ドミニクが乗るチャージャーです。
わ  _convert_20170419211251
敵が乗るグラントリノです。
わ   _convert_20170419211326
敵が乗るトーラスワゴンです。
わ     _convert_20170419211503
敵が乗るリンカーン コンチネンタルです。
わ    _convert_20170419211355
敵が乗るサバーバンです。
わ      _convert_20170419211529
敵が乗るマスタングです。
わ       _convert_20170419211555
次々と現れる敵と激しいチェイスになります。
わ        _convert_20170419211630
次回はこのシーンの続きです。

ゲーム 湾岸ミッドナイト

wa.jpg
「湾岸ミッドナイト」今回もミッドナイトランナーズクラスのクルマたちを紹介します。
コウが乗るRX-7 FC3Sです。
わ_convert_20170418184743
500PS
わ _convert_20170418184819
最高速308km/hでした。
わ  _convert_20170418184843
カーボンボンネットです。
わ   _convert_20170418184929
マフラー マツVer1です。
わ    _convert_20170418184954
Ver2です。
わ     _convert_20170418185023
Ver3です。
わ      _convert_20170418185048
シゲVer1です。
わ       _convert_20170418185112
Ver2です。
わ        _convert_20170418185136
Ver3です。
わ         _convert_20170418185157
今回はここまでです。

1/64 京商 アルファロメオミニカーコレクション4 アルファロメオ モントリオール

ミニカーです。
あ_convert_20170418183249

あ _convert_20170418183324

あ  _convert_20170418183355
今回紹介するのはモントリオールです。このクルマは70年登場です。67年にプロトタイプがモントリオール万博に出展され、これにちなんで車名が命名されましたた。これはアルファロメオ・ジュリアの1,600ccのエンジンと車台を使用する2+2クーペで、ボディーがベルトーネのマルチェロ・ガンディーニによって設計されています。量産車は70年のジュネーヴ・モーターショーで発表されました。1750/2000GT系をベースにしつつ、スピカのメカニカルインジェクションを使ったティーポ33用のV8・2,593ccを搭載しました。230PS、最高速度は220km/h。足回りはGT系からの流用ですが、ブレーキは4輪ともベンチレーテッドディスクに強化されました。

スズキ キャリイバン、ホンダ アクティトラック

気になるクルマ、今回は小さいなはたらくクルマ2台です。
す_convert_20170418181124

す _convert_20170418181234
1台目はキャリイです。このクルマは79年登場の8代目モデルです。
2台目はアクティです。このクルマは88年登場の2代目前期型です。テールランプは初代と同じく、トラック・バンとも共通でした。このテールランプは、トラックのみ現行モデルまで採用されます。エンジンはそれまでのEH型から直列3気筒のE05A型エンジンになり、4WDからAT車が廃止され、この世代のアクティには4WDのAT車が存在しません。4WDシステムはトランスファーを用いたパートタイム4WDから、構造が簡単なリアルタイム4WDとなりました。

映画 ワイルドスピードMAX

51RPC5YAXaL_convert_20170412212544.jpg
「ワイルドスピードMAX」今回は中盤のシーンです。
運び屋たちにまぎれたドミニクとブライアンがクルマを爆破します。
わ_convert_20170418173943
シェベル、マスタング、インフィニティ G35クーペ、R34GT-Rが爆発します。
わ _convert_20170418174022

わ  _convert_20170418174045

わ   _convert_20170418174114

わ    _convert_20170418174135

わ     _convert_20170418174216

わ      _convert_20170418174351
次回は終盤のシーンです。

ゲーム 湾岸ミッドナイト

wa.jpg
「湾岸ミッドナイト」今回もミッドナイトランナーズクラスのクルマたちを紹介します。
マサキ乗るアリストです。
わ_convert_20170417210452
280PS
わ _convert_20170417210539
256km/hでした。
わ  _convert_20170417210620
カーボンボンネットです。
わ   _convert_20170417210711
マフラー マツVer1です。
わ    _convert_20170417210805
Ver2です。
わ     _convert_20170417210923
Ver3です。
わ       _convert_20170417211123
シゲVer1です。
わ        _convert_20170417211154
Ver2です。
わ         _convert_20170417211231
Ver3です。
わ        _convert_20170417211154
リアスポイラー1です。
わ          _convert_20170417211300
2です。
わ           _convert_20170417211320
3です。
わ            _convert_20170417211350
今回はここまでです。

1/64 京商 アルファロメオミニカーコレクション4 アルファロメオ 1600ジュニアZ

ヒストリックスポーツ。
あ_convert_20170417190550

あ _convert_20170417190614

あ  _convert_20170417190636
今回はアルファロメオ ジュニアZを紹介します。このクルマは69年登場です。直線基調のウエッジシェイプに斬新な表面処理を施したボディスタイルはカロッツェリア・ザガートの作品で、ヒット作であったアルファロメオ・ジュリアGT系のスペシャルモデルとして69年のトリノ・モーターショーでデビューしました。従来のザガート製アルファロメオであるジュリアTZ・ジュリエッタSZなどと異なり、レース出場を目的としない純粋のロードカーとして設計されたため、車体はスチール製で、車両重量は970kgと決して軽くありませんでした。72年には小変更と同時にエンジンを1,570ccに拡大し1600ジュニアZに発展しました。75年までに1300が1108台、1600が402台作られ、その後ザガート・デザインのアルファロメオは89年のアルファロメオ・SZ登場まで出現しませんでした。ちなみに車名のZはザガートの略です。

三菱ふそう ローザ、日産ディーゼル コンドル

気になるクルマ、今回ははたらくクルマ2台です。
ろ_convert_20170417185003

ろ _convert_20170417185049

ろ  _convert_20170417185304
1台目はローザです。このクルマは73年に登場した2代目モデルです。車格は先代モデルのライトローザを受け継ぎ、この世代から大小2つのローザが一本化されました。プリティローザの愛称で呼ばれました。
2台目はコンドルです。このクルマは83年登場の2代目モデルです。。キャブの基本骨格は大型車と共通では無く、コンドル専用設計でさわやかコンドルの愛称で呼ばれました。

映画 ワイルドスピードMAX

51RPC5YAXaL_convert_20170412212544.jpg
「ワイルドスピードMAX」今回も前回のシーンの続きです。
5シリーズがドミニクに体当たりを仕掛けてきます。
わい_convert_20170417183455
ドミニクが急ブレーキを掛け5シリーズがバランスを崩し横転、高架から転落します。
わい _convert_20170417183545

わい  _convert_20170417183625

わい   _convert_20170417183651

わい    _convert_20170417183743

わい     _convert_20170417183810
次回は中盤のシーンです。

ももちゃん 天国へ

久しぶりのももちゃんです。
も_convert_20170416220453

も _convert_20170416220542

も  _convert_20170416220619

も   _convert_20170416220702
本日4月16日大好きだった家族のももが天国へ逝きました。7才2ヶ月でした。ブログでは最近は記事にしていませんでしたが、幸せな毎日でした。最近ではもう7才になるというのに甘えん坊でこうして記事を書いているときでも横に座ってなでてもらうのをまっていてくれました。ナデナデすると1時間も2時間もずっと気持ちよさそうにしていました。ももちゃんとの7年はかけがえのないものでした。ここでは書ききれないくらいです。ももちゃんがいてくれて本当に幸せでした。ももちゃんにはありがとう、うちに来てくれてありがとうと言いたいです。天国では好奇心旺盛だったのでいろいろ走り回ったり、においをクンクン嗅いでいると思います。また、ももちゃんに会えることを信じています。また会おうね、ありがとう、ももちゃん。

ゲーム 湾岸ミッドナイト

wa.jpg
「湾岸ミッドナイト」今回もミッドナイトランナーズクラスのクルマたちを紹介します。
マコトが乗るフェアレディZです。
わ_convert_20170416215145
700PS
わ _convert_20170416215210
最高速354km/hでした。
わ  _convert_20170416215237
マフラー マツVer1です。
わ   _convert_20170416215320
Ver2です。
わ    _convert_20170416215345
Ver3です。
わ     _convert_20170416215411
シゲVer1です。
わ      _convert_20170416215434
Ver2です。
わ       _convert_20170416215502
Ver3です。
わ        _convert_20170416215525
リアスポイラー1です。
わ         _convert_20170416215608
2です。
わ          _convert_20170416215632
3です。
わ            _convert_20170416215659
今回はここまでです。

1/64 京商 アルファロメオミニカーコレクション4 アルファロメオ TZ3コルサ

Zの伝承。
あ_convert_20170416212925

あ _convert_20170416213003

あ  _convert_20170416214249
今回紹介するのはアルファロメオ TZ3コルサです。このクルマは2010年登場です。カロッツェリア・ザガート自ら「アルファロメオ創立100周年記念モデル」を標榜するTZ3コルサは、アルファロメオとザガート双方にとってのアイコンである「TZ」を現代に復活させたモデル。TZというネーミングは、アルファロメオとそのレース部門たるアウトデルタ、そしてザガートの共同開発で、63~65年に107台が生産されたと言われるアルファロメオ「ジュリアTZ」に由来するものです。TZとは「トゥボラーレ」と「ザガート」の頭文字を合わせたものです。デザインはノーズの意匠や「コーダ・トロンカ」と呼ばれる、スパッと切り落としたテール形状に至るまで、歴代TZのエッセンスをそのまま現代車に投影したオマージュ的なものとなっています。

ニッサン セドリックワゴン、トヨタ クラウンバン

気になるクルマ、今回はワゴン2台です。
せ_convert_20170416205250

せ _convert_20170416205331
1台目はセドリックワゴンです。このクルマは79年登場の5代目モデルです。430フェイスにホイールがイカしてます。
2台目はクラウンバンです。このクルマは91年登場の8代目モデル後期型です。

映画 ワイルドスピードMAX

51RPC5YAXaL_convert_20170412212544.jpg
「ワイルドスピードMAX」今回も前回のシーンの続きです。
エクスプローラーにインフィニティQ45が突っ込みます。
わい_convert_20170416204110

わい _convert_20170416204147
エクスプローラーが横転、ブライアンが間一髪で交わします。
わい  _convert_20170416204212

わい   _convert_20170416204235

わい    _convert_20170416204303

わい     _convert_20170416204337
次回もこのシーンの続きです。

ゲーム 湾岸ミッドナイト

wa.jpg
「湾岸ミッドナイト」今回もミッドナイトランナーズクラスのクルマたちを紹介します。
友也が乗るR32GT-Rです。
わ_convert_20170416201545
826PS
わ _convert_20170416201622
最高速336km/hでした。
わ  _convert_20170416201659
今回はここまでです。

1/64 京商 ポルシェミニカーコレクション2 ポルシェ カレラGT

スーパーポルシェ。
ぽ_convert_20170416183719

ぽ _convert_20170416183756

ぽ  _convert_20170416183830
エンジンも再現されています。
ぽ   _convert_20170416183903
今回紹介するのはカレラGTです。このクルマは2003年登場です。20世紀末期から21世紀にかけてのスーパーカーのメインストリームである大排気量にしてハイパワーなマルチシリンダーエンジン、オールカーボンファイバーで成型したボディまたはシャシー、レーシングカーに準じたエンジニアリング、それに相反するラグジュアリーな快適性能などに乗って製作されたクルマです。V型10気筒エンジンを搭載し612PS発生、ボディパネルはすべてカーボンファイバー製で価格は約5,000万円はくだらないといわれており、世界限定1,500台が生産される予定でしたが、結局1,270台で生産を終了させました。

トヨタ クラウンセダン、ホンダ アコード

気になるクルマ、今回はセダンです。
く_convert_20170416175812

く _convert_20170416175843
1代目はクラウンセダンです。このクルマは74年登場の初代モデルです。クラウンに4ドアハードトップが登場したことによりセダンとして登場します。前モデルのスピンドルシェイプから直線基調のスタイルに一転したスタイリングです。セダンは最上級グレードに「ロイヤルサルーン」が追加されました。
2台目はアコードです。このクルマは93年登場の5代目モデルです。衝突安全基準MVSSの影響を受けて全車3ナンバーボディとなりました。全長は先代よりもわずかに短く抑えられていますが、室内空間は先代と大きな変化がありません。ボディラインナップは当初4ドアセダンのみで、後にHAM産の2ドアクーペと5ドアワゴンが加わりました。 なお、この代よりいすゞ自動車へアスカとしてOEM供給され、これは6代目アコードまで継続しました。

映画 ワイルドスピードMAX

51RPC5YAXaL_convert_20170412212544.jpg
「ワイルドスピードMAX」今回は前回のシーンの続きです。
S14シルビアが交差点をドリフトで駆け抜けますが、シルビアの横っ腹にエクスプローラーが突っ込みます。
わい_convert_20170416174234

わい _convert_20170416174346

わい  _convert_20170416174434

わい   _convert_20170416174515

わい    _convert_20170416174540

わい     _convert_20170416174629

わい      _convert_20170416174717
次回はこのシーンの続きです。

ゲーム 湾岸ミッドナイト

wa.jpg
「湾岸ミッドナイト」今回もミッドナイトランナーズクラスのクルマたちを紹介します。
後藤が乗るR34GT-Rです。
わ_convert_20170414224937
826PS
わ _convert_20170414225030
最高速338km/hでした。
わ  _convert_20170414225105
カーボンボンネットです。
わ   _convert_20170414225141
マフラー マツVer1です。
わ    _convert_20170414225225
Ver2です。
わ     _convert_20170414225301
Ver3です。
わ      _convert_20170414225333
シゲ Ver1です。
わ       _convert_20170414225400
Ver2です。
わ        _convert_20170414225423
Ver3です。
わ         _convert_20170414225450
リアスポイラー1です。
わ          _convert_20170414225516
2です。
わ            _convert_20170414225603
3です。
わ             _convert_20170414225643
今回はここまでです。

1/64 京商ポルシェミニカーコレクション3 ポルシェ 911スピードスター 

ミニカーです。
ぽ_convert_20170414221713

ぽ _convert_20170414221747

ぽ  _convert_20170414221835
今回紹介するのは911スピードスターです。このクルマは87年登場です。フェアリング状のトノカバー、低いフロントウィンドウ、完全な2シーターなど356スピードスターを彷彿とさせるクルマでした。

フォルクスワーゲン カラベル、ゴルフカブリオレ

気になるクルマ、今回はワーゲン2台です。
か_convert_20170414215721

か _convert_20170414215841
1台目はカラベルです。このクルマは79年登場です。ゴルフが世界的な成功を収めていたことから、発売以前にFF化の噂がたえませんでしたが、労働組合の抵抗のためにRR方式が存続されたといわれています。型式は国際仕様となったVINに準拠して25となっており、そのためにイギリスではT25と呼ばれます。このモデルにおいて初めて、乗用仕様車にカラベルと愛称がつけられました。
2台目はゴルフカブリオレです。このクルマは91年登場の3代目モデルです。初めてカブリオレがモデルチェンジされたクルマです。
時計
プロフィール

ウイングロード乗り

Author:ウイングロード乗り
きよと申します。よろしくお願いします。
性別 男
年齢 想像にまかせます。
趣味 クルマ ミニカー ももちゃんと遊ぶ 映画観賞 ドラマ 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミニカー/模型
7位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
.main_menu_fold { margin-left:10px; /* 全体の左の余白 */ } /* 親カテゴリ */ div.main_list_parent { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子なしカテゴリ */ div.main_list { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子カテゴリ */ div.sub_list { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch.gif"); /*ツリー画像 */ padding-left:20px; padding-top:2px; padding-bottom:2px; background-repeat: no-repeat; background-position: left top; } /* 子カテゴリ (最後尾) */ div.sub_list_end { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch_end.gif"); /*ツリー画像(最後尾) */ background-repeat: no-repeat; background-position: left top; padding-left:20px; padding-top:2px; margin-bottom:10px; /* 下の余白 */ } /* ▲親子カテゴリ (折りたたみ) ▲ */