ゲーム 湾岸ミッドナイト

wa.jpg
「湾岸ミッドナイト」今回もミッドナイトランナーズクラスのクルマたちを紹介します。
アキオが乗るZ31です。
わ_convert_20170423171844
280PS
わ _convert_20170423171946
最高速255km/hでした。
わ  _convert_20170423172012
今回はここまでです。

1/64 京商 マセラティミニカーコレクション マセラティ カムシン

ミニカーです。
ま_convert_20170419214253

ま _convert_20170419214317

ま  _convert_20170419214342
今回紹介するのはマセラティ カムシンです。このクルマは73年登場です。72年、トリノモーターショーのベルトーネのブースにてボディデザイン初披露、翌年の73年のパリモーターショーにてマセラティのマークを冠された『カムシン』としてプロトタイプが発表されました。本格生産は74年からで開発コードはティーポ120。ギブリの後継モデルにあたります。デザインはベルトーネ時代のマルチェロ・ガンディーニが担当。当時のガンディーニらしく全体的にカッチリとまとめられ、かつ明確瞭然とした造形を見せます。鋭角的に張り出したサイドのエッジが、フロントノーズ先端から緩やかに曲線を描きながらテール後端まで真っ直ぐ伸びるウェストラインが特徴で、全体的にシャープな印象を与えています。ボンネット上は左右非対称のルーバーが真横に切られていることで幾何学的なサーフェイスを見せ、ボンネット上と言えど緩慢な印象を与えません。特筆すべきはテール面にガラスパネルが嵌め込まれており、テールランプ、マセラティマークを残して透明になっているため、非常に後方視界が良く、駐車などで後進する際には極めて有効で、このようなデザイン上の工夫がなされているのも大きな特徴となっています。インテリアは総革張りで、先代ギブリと同じくラグジュアリー志向の強い内装となっています。シートは2+2で、極めて小さな後席が設けられています。『カムシン』の名前はエジプトの砂漠地帯において季節的に吹き荒れる熱く激しい風、砂嵐が由来。シャシーは鋼管サブフレーム+金属パネル。エンジンはギブリSSと同じ4,930ccV8エンジンで、エンジンをフロントに積むFRレイアウト。最高出力 320PS最大トルク を生み、最高速度 275km/hでした。当時親会社にあったシトロエンの高圧油圧システムを使用し、ブレーキ、クラッチ、リトラクタブルヘッドライト、パワーステアリング、シート・ヘッドレストリクライニングを動作させました。しかし、この油圧システムは当時としては非常に高度な機能を持つ油圧回路でしたが、反面極めて高い油圧を維持するためにエンジンのパワーロスは避けられず、また高い油圧が原因でオイル漏れが頻発。結局この油圧システムを採用した車は当時の水準から見てもかなり信頼性の低いものでした。76年〜77年、フロントノーズ部分にルーバーが追加される等、内装、ボディ共に多少のマイナーチェンジを受け、82年生産終了。優れたデザイン、良好なエンジンを持ちながら、第一次オイルショックの煽りを受け、また前述の信頼性の低さもあって総生産台数430台に留まりました。

トヨタ カローラセレス

気になるクルマ、今回はカローラセレスです。
か_convert_20170419213633
このクルマは92年登場です。7代目カローラシリーズの派生車としてデビュー。トヨタとしては初のコンパクトクラスでの4ドアハードトップセダンモデルでした。姉妹車にスプリンターマリノがあり、相違点は、フロントフェイスとテールライトデザインのみ。ちなみにスプリンターマリノ同様、国内専用車でした。カリーナEDやコロナEXiVが生み出した4ドアハードトップブームに乗る形で発売されたスタイリッシュ・スポーティー4ドアでしたが、その後のRVブームの時期にさしかかると4ドアそのものの不人気に加え、その低いルーフが生み出す独特のスタイルと引き替えに失った居住性が災いし、販売成績は下落の一途を辿りました。“本家”であるカローラがフルモデルチェンジした95年にもモデルチェンジされる事なく車両形式E100型のまま継続生産する事となりましたが、エンジン・ミッション・サスペンション等の主要コンポーネンツはE110型用に改良されたものに変更されます。最終的には98年のモデル廃止まで生産が続けられました。

映画 ワイルドスピードMAX

51RPC5YAXaL_convert_20170412212544.jpg
「ワイルドスピードMAX」今回は終盤のシーンです。
ブライアンが乗るインプレッサです。
わ_convert_20170419211140

わ _convert_20170419211224
ドミニクが乗るチャージャーです。
わ  _convert_20170419211251
敵が乗るグラントリノです。
わ   _convert_20170419211326
敵が乗るトーラスワゴンです。
わ     _convert_20170419211503
敵が乗るリンカーン コンチネンタルです。
わ    _convert_20170419211355
敵が乗るサバーバンです。
わ      _convert_20170419211529
敵が乗るマスタングです。
わ       _convert_20170419211555
次々と現れる敵と激しいチェイスになります。
わ        _convert_20170419211630
次回はこのシーンの続きです。
時計
プロフィール

ウイングロード乗り

Author:ウイングロード乗り
きよと申します。よろしくお願いします。
性別 男
年齢 想像にまかせます。
趣味 クルマ ミニカー ももちゃんと遊ぶ 映画観賞 ドラマ 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
209位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミニカー/模型
7位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
.main_menu_fold { margin-left:10px; /* 全体の左の余白 */ } /* 親カテゴリ */ div.main_list_parent { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子なしカテゴリ */ div.main_list { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子カテゴリ */ div.sub_list { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch.gif"); /*ツリー画像 */ padding-left:20px; padding-top:2px; padding-bottom:2px; background-repeat: no-repeat; background-position: left top; } /* 子カテゴリ (最後尾) */ div.sub_list_end { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch_end.gif"); /*ツリー画像(最後尾) */ background-repeat: no-repeat; background-position: left top; padding-left:20px; padding-top:2px; margin-bottom:10px; /* 下の余白 */ } /* ▲親子カテゴリ (折りたたみ) ▲ */