ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
ホンダ CBR1000RRです。
つ_convert_20170601215429
1000cc 172PS
つ _convert_20170601215458
最高速306km/hでした。
つ  _convert_20170601215534
今回はここまでです。

1/64 京商 フェラーリ 375F1

ミニカーです。
ふぇ_convert_20170601214314

ふぇ _convert_20170601214342

ふぇ  _convert_20170601214416
今回紹介するのはフェラーリ 375F1です。フェラーリは50年のF1世界選手権にスーパーチャージャー付き1,500ccエンジンの125F1で臨みながら、次期主力となる自然吸気エンジンの開発を進めていました。自然吸気エンジンは過給エンジンに比べると出力では劣りますが、燃費が良いためレース中にピットインして再給油する回数を減らすことができるというメリットがありました。この路線変更の決断には、前年のベルギーGPで125F1が自然吸気エンジンのタルボ・ラーゴに敗れた影響があったとされています。エンジンの開発はアウレリオ・ランプレディが担当し、排気量を段階的に増やしていく方法を採りました。最初に完成したのが275エンジン、次が340エンジン。レギュレーション上限の4,500ccまで拡大した完成形が375エンジンです。これらはランプレディ・エンジンと呼ばれ、レース用スポーツカーや高級GTカーにも使用されました。275F1のシャーシは125F1のものを流用しましたが、340F1から新シャーシとなりました。51年にはシリンダーヘッドの新設計、点火系のツインプラグ化により最高出力が380馬力に向上しました。このマシンは区別のためフェラーリ 375F1/51とも表記されます。イギリスGPでフロイラン・ゴンザレスの乗る375F1が常勝アルファロメオ・159を破り、フェラーリの記念すべきF1初勝利を実現しました。52年シーズンは世界選手権が2,000ccのF2規定で行われたため、375F1は排気量制限のないフォーミュラ・リブレで使用されました。フェラーリはシリーズ第2戦に組み込まれていたインディアナポリス500に参戦するため、オーバルコース向けにホイールベースを延長したフェラーリ 375インディをアメリカに送りました。

スーパーカーニバル2017

スーパーカーニバル2017今回は
ラリー仕様のようなエスコートです。
す_convert_20170601211526

す _convert_20170601211741
イイ感じに仕上がっているイヴォークです。
す  _convert_20170601211812
スタイリッシュなEクラスステーションワゴンです。
す   _convert_20170601211859
ボディカラーが眩しいS5です。
す    _convert_20170601212011
まとまりのいいトゥーランです。
す     _convert_20170601212109
今回はここまでです。

映画 ワイルド・スピード EURO MISSION

161233_02_convert_20170528213433.jpg
「ワイルド・スピード EURO MISSION」今回も前回のシーンの続きです。
テズが乗るM5です。
わ_convert_20170531212410
敵のレンジローバーを追いますが、チップ・ガンを放たれクルマが制御不能になます。
わ _convert_20170531212456
そのまま止まっていたヒュンダイ トラジェに衝突、大破します。
わ  _convert_20170531212528

わ   _convert_20170531212600

わ    _convert_20170531212646

わ     _convert_20170531212722

わ      _convert_20170531212743

わ       _convert_20170531212823

わ        _convert_20170531212855

わ          _convert_20170531212923
次回もこのシーンの続きです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
ヤマハ YZF-R1です。
つ_convert_20170531211700
1000cc 172PS
つ _convert_20170531211752
最高速326km/hでした。
つ  _convert_20170531211817
今回はここまでです。

1/64 京商カルソニックミニカーコレクション カルソニックプリメーラ1994

ミニカーです。
ぷ_convert_20170529225508

ぷ _convert_20170529225533

ぷ  _convert_20170529225559

ぷ    _convert_20170529225703
今回紹介するのはカルソニックプリメーラです。このクルマ94年シーズンの車両です。94年から始まった全日本ツーリングカー選手権 (JTCC) にNISMOからエントリーし、シーズン開幕からフル参戦。ドライバーは星野一義。富士スピードウェイで行われた最終戦インターTEC・ラウンド17にて優勝を果たしました。

スーパーカーニバル2017

スーパーカーニバル2017今回は
ボディカラーが渋いZ3です。
す _convert_20170529225251
チョイワルなミニです。
す_convert_20170529225225
綺麗な仕上がりのA3セダンです。
す  _convert_20170529225321
硬派な2シリーズです。
す   _convert_20170529225350
赤のストライプがアクセントのCLAです。
す    _convert_20170529225418
今回はここまでです。

映画 ワイルド・スピード EURO MISSION

161233_02_convert_20170528213433.jpg
「ワイルド・スピード EURO MISSION」今回も前回のシーンの続きです。
ベクトラのパトカーが次々と横転させられます。
わ_convert_20170529224647

わ _convert_20170529224727

わ  _convert_20170529224802

わ   _convert_20170529224831

わ    _convert_20170529224859
次回もこのシーンの続きです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
アプリリアRSV1000Rファクトリーです。
つ_convert_20170529223819
1000cc 139PS
つ _convert_20170529223915
最高速284km/hでした。
つ  _convert_20170529223947
今回はここまでです。

1/64 CM’S ランチア 037ラリー

ミニカーです。
ら_convert_20170529214511

ら _convert_20170529214554

ら  _convert_20170529214629

ら   _convert_20170529214711
今回紹介するのは037ラリーです。世界ラリー選手権のデビューは82年のツール・ド・コルス。すでにフルタイム四輪駆動とターボエンジンを装備したアウディ・クワトロが台頭してきていました。しかしランチア/アバルトは、当時フルタイム四輪駆動は未舗装路のためのものであるという雰囲気であったこと、開発期間の短縮、ストラトスで培った技術の応用、整備性の良さなどから、ミッドシップエンジン・リヤドライブ方式を採用しました。当時ランチアには四輪駆動車を開発するだけの余力がなく、将来必要になる四輪駆動車のテクノロジーを手にするには時間がかかることから、「グループB1年目は後輪駆動で参戦し、グラベルでは手堅くポイントを挙げつつターマックイベントでは必ず勝利し、上位を独占する」戦法で臨んだとされます。ストラトスの長所を生かしながら欠点を可能な限りつぶした車作りもあってその目的は達せられましたが、翌年からは開発の進んだ四輪駆動車の前に苦戦を強いられました。開発が進み速くなってゆくライバルに対して次期マシンの開発は遅れ、結局85年まで現役参戦しましたが、度々限界を超える領域に入ることもしばしばで、85年にはコルシカでアッティーリオ・ベッテガの死亡事故を起こしてしまいます。

スーパーカーニバル2017

スーパーカーニバル2017今回は
ホワイトが潔しいF430です。
す_convert_20170529213256
同じくパナメーラ。
す _convert_20170529213337
オールブラックですがとてもレトロなビートルです。
す  _convert_20170529213418
オーバーフェンダーが迫力満点の911です。
す   _convert_20170529213506
イカツイ顔つきのUPです。
す    _convert_20170529213534
今回はここまでです。

映画 ワイルド・スピード EURO MISSION

161233_02_convert_20170528213433.jpg
「ワイルド・スピード EURO MISSION」今回も前回のシーンの続きです。
横転したアストラにベクトラが突っ込みます。
わ_convert_20170529212013

わ _convert_20170529212054

わ  _convert_20170529212142

わ   _convert_20170529212210

わ    _convert_20170529212251
さらに、もう1台のベクトラが突っ込みます。
わ     _convert_20170529212327

わ      _convert_20170529212354
次回もこのシーンの続きです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
アプリリア RSV1000Rです。
つ_convert_20170528223535
1000cc 139PS
つ _convert_20170529210850
最高速280km/hでした。
つ  _convert_20170529211014
今回はここまでです。

1/64 ノレブ プジョー 3008DKR

砂漠のライオン。
ぷ_convert_20170528223148

ぷ _convert_20170528223225

ぷ  _convert_20170528223249

ぷ   _convert_20170528223337
今回紹介するのは3008DKRです。このクルマは2017年登場です。プジョースポーツが2017シーズンのパリ・ダカールラリーに参戦するために開発したラリーレイドマシンです。2016年シーズンまでは2008でしたが市販車が3008にモデルチェンジしたためにアップデートされました。ミッドシップレイアウトの後輪駆動など2008DKRのシステムを受け継ぎますが、サスペンションのセッティングを変更、室内の冷却を強化し、ドライバーの負担を軽減。引き続き搭載されるV型6気筒 3L ツインターボディーゼルは、低回転域のトルクを強化施しています。2016シーズン優勝のプジョーは2017シーズンも勢いに乗っています。

スーパーカーニバル2017

スーパーカーニバル2017今回は
とても速そうな3シリーズクーペです。
す_convert_20170528222745
ヨーロピアンな3シリーズカブリオレです。
す _convert_20170528222819
しっかり落ちてるミニです。
す  _convert_20170528222902
少しリフトアップしたGクラスです。
す   _convert_20170528222927
貴重なA3です。
す    _convert_20170528222947
今回はここまでです。

映画 ワイルド・スピード EURO MISSION

161233_02_convert_20170528213433.jpg
「ワイルド・スピード EURO MISSION」今回は前回のシーンの続きです。
ショウが次々とパトカーを横転させます。
わ_convert_20170528221324

わ _convert_20170528221350

わ  _convert_20170528221421

わ   _convert_20170528221506

わ    _convert_20170528221617

わ     _convert_20170528221658

わ      _convert_20170528221725

わ       _convert_20170528221803
次回もこのシーン続きです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
MVアグスタ F4-1000Sです。
え_convert_20170528220657
1000cc 166PSです。
え _convert_20170528220723
最高速294km/hでした。
え  _convert_20170528220746
今回はここまでです。

1/64 京商 ポルシェミニカーコレクション4 ポルシェ 907

ミニカーです。
ぽ_convert_20170528215600

ぽ _convert_20170528215715

ぽ  _convert_20170528215738
今回紹介するのはポルシェ 907です。ポルシェは910を主力として戦いつつ、重点レースのル・マン24時間レースに向けて907を開発しました。おもに空気力学の追求を課題として、シュトゥットガルト工科大学とフォルクスワーゲン工場の風洞で実験を行いました。水平対向エンジンは910と同じく1,991cc6気筒と2,195cc8気筒の2タイプ。シャシの構造も変わりませんが、右コーナーの多い時計回りのサーキットに適すよう、ステアリング位置が左側から右側に変更されました。ボディは高速用のロングテールを前提としてデザインされ、906のロングテールよりも一体化したフォルムとなりました。操縦席のルーフは910よりも低く狭くなり、ウィンドシールドは傾斜の緩やかな形状となりました。リアフェンダー上の吸気口はなくなり、テール後端のシュノーケル型ダクトからギアボックス冷却気を取り入れ、910よりも空気抵抗が14%減少し、ル・マン本戦では最高速度が30km/h近く向上しました。68年にはロングテールに加え、テクニカルコース用で全長4,020mmのショートテールボディも製作されました。エンジンは2,195cc8気筒のみを使用し、オイルクーラーの位置がノーズ先端付近に移動されています。

スーパーカーニバル2017

スーパーカーニバル2017今回は
角目になり随分印象が違うゴルフです。
す_convert_20170528214549
スッキリした印象のパサートです。
す _convert_20170528214620
こっちもクリーンなUPです。
す  _convert_20170528214647
ガルウイングが目を引く3シリーズクーペです。
す   _convert_20170528214717
タダモノでは無い雰囲気のゴルフです。
す    _convert_20170528214754
今回はここまでです。

映画 ワイルド・スピード EURO MISSION

161233_02_convert_20170528213433.jpg
今回紹介するのは2013年公開、ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドヴェイン・ジョンソン、ルーク・エヴァンスほか出演、「ワイルド・スピード EURO MISSION」です。
リオデジャネイロの犯罪王から100億円を、まんまと奪い取ったドミニク(ヴィン・ディーゼル)。その後、逃亡し続けていたドミニクだったが、世界中で犯罪行為に手を染める巨大犯罪組織を追うFBI特別捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)に協力を依頼される。ホブスの話によると、その犯罪組織に関わっているのは、ドミニクの死んだはずの元恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)だった・・・
序盤のカーアクションシーンです。
ショウが乗るフリップカーです。
わ_convert_20170528212708
ショウを追うヴォクスホール アストラのパトカーが後を追います。
わ _convert_20170528212744
フリップカーによりパトカーが横転させられます。
わ  _convert_20170528212829

わ   _convert_20170528212900

わ    _convert_20170528212925

わ     _convert_20170528212950

わ      _convert_20170528213015

わ        _convert_20170528213115

わ         _convert_20170528213139
次回もこのシーンの続きです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
ホンダ CBR954ファイヤーブレードです。
ほ_convert_20170528210753
954cc 151PS
ほ _convert_20170528210849
最高速300km/hでした。
ほ  _convert_20170528210913
今回はここまでです。

1/64 京商 フェラーリ F2002

ミニカーです。
ふぇ_convert_20170528161824

ふぇ _convert_20170528161855

ふぇ  _convert_20170528161920
今回紹介するのはフェラーリ F2002です。小さいながらよく出来ていると思います。

スーパーカーニバル2017

スーパーカーニバル2017今回は
ワイルドなGクラスです。
す_convert_20170528160836
同じくGクラスです。
す _convert_20170528160942
ガッツリ落としたA4アバントです。
す  _convert_20170528161015
シンプルなゴルフです。
す   _convert_20170528161055
バギーもありました。
す    _convert_20170528161139
今回はここまでです。

ドラマ 西部警察

西部警察 PARTⅠセレクション 大門BOX 1 [DVD]
西部警察、今回も前回のシーンの続きです。
大門たちがレディバードを工場におびき寄せ、高圧電流を流します。
せ_convert_20170528133519

せ _convert_20170528133629
さらにぬかるみに追い込み走行不能にします。
せ  _convert_20170528133707

せ   _convert_20170528133730
犯人たちはガス弾を発射し抵抗します。
せ    _convert_20170528133755

せ     _convert_20170528133829
大門たちが火炎瓶を投げ込みレディバードを爆破します。
せ      _convert_20170528133901

せ       _convert_20170528133945

せ        _convert_20170528134012

せ         _convert_20170528134042

せ          _convert_20170528134102

せ           _convert_20170528134151
この回はこれで終了です。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
カワサキ Z1000です。
つ_convert_20170528132446
1000cc 127PS
つ _convert_20170528132550
最高速266km/hでした。
つ  _convert_20170528132645
今回はここまでです。

1/64 京商 フェラーリ F2001 

ミニカーです。
ふぇ_convert_20170528113038

ふぇ _convert_20170528113116

ふぇ  _convert_20170528113140
今回紹介するのはフェラーリ F2001です。2000年シーズンにおいて、ミカ・ハッキネンとマクラーレンを下してタイトルを獲得という接戦を制したフェラーリは、F1-2000を新レギュレーションにあわせて発展させる形をとりました。F2001で特徴的なのは、先端の垂れたスラントノーズや、中央部が穏やかに下がっているフロントウイングです。この年、レギュレーション改正でフロントウイング左右部分の最低地上高が引き上げられました。フェラーリは規定外の中央部を低く設定し、左右に向けて緩やかに持ち上げていく形状としました。それを支えるノーズはF1-2000とは対照的に先端の位置が低くされました。ただし、モノコック先端はF1-2000同様高く持ち上げられており、ノーズコーンより前が急激に下垂する格好でした。これらのデザインはこの後、各チームに模倣されていきました。シューマッハは開幕2連勝で前年からの連勝を6まで伸ばし、最大のライバルであったハッキネンの不運もあり、17戦中9勝、11ポールポジションという成績で、4戦を残して早々とダブルタイトルを決めてしまいました。一方、チームメイトのバリチェロは1勝も挙げられず、ランキング3位となりました。

スーパーカーニバル2017

スーパーカーニバル2017今回は
デモカーのような3シリーズクーペです。
す_convert_20170528111441

す _convert_20170528111556
すっきりとした印象のゴルフです。
す  _convert_20170528111630
ボディカラーにホイール、スポイラーのゴールドが映えるSクラスです。
す   _convert_20170528111659
クルマのカッコよさが際立つF355です。
す    _convert_20170528111809
ヨーロピアンな雰囲気がプンプンするゴルフです。
す     _convert_20170528111841
今回はここまでです。

ドラマ 西部警察 

西部警察 PARTⅠセレクション 大門BOX 1 [DVD]
西部警察、今回も前回のシーンの続きです。
大門がレディバードを工場までおびき寄せます。
せ_convert_20170528091738

せ _convert_20170528091814

せ  _convert_20170528091839
レディバードの攻撃を受けるときは330セドリックが230に摩り替わっています。
せ   _convert_20170528091912

せ    _convert_20170528091944
次回もこのシーンの続きです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
MVアグスタ ブルターレです。
え_convert_20170527173618
910cc 136PS
え _convert_20170527173649
最高速264km/hでした。
え  _convert_20170527173722
今回はここまでです。

1/64 京商 フェラーリ 126CK

ミニカーです。
ふぇ_convert_20170527173432

ふぇ _convert_20170527173514

ふぇ   _convert_20170527173550
今回紹介するのはフェラーリ 126CKです。フェラーリは、75年以降に4度のチャンピオンを獲得しましたが時代遅れの312Tシリーズに代えて、126CKを開発しました。77年にルノーがはじめて持ち込んだターボエンジンの利点を見出し、V6ターボエンジンを採用しました。このマシンのエンジンには、Vバンクの外側から吸気し内側に排気するレイアウトが採用され、KKK製の2基のターボチャージャーはVバンクの内側に配置され、排気バルブからタービンまでの管長を短くすることができました。ターボラグを嫌ったマウロ・フォルギエリは、ブラウン・ボベリ社が開発したプレッシャーウェーブ・スーパーチャージャを採用したエンジンも試作し、のエンジンを搭載した試作マシンは「126CX」と呼ばれました。このエンジンはテスト走行行ったジル・ヴィルヌーヴとディディエ・ピローニの両ドライバーからスロットルレスポンスが良いと好評を得ましたが、システムが複雑化することとターボの場合よりも車体の重心が高くなることから、81年の開幕戦アメリカ西GPのフリー走行で試されただけでした。312Tシリーズの水平対向12気筒からコンパクトなV6エンジンに変更したことで、本格的なグラウンド・エフェクト・カーとして設計することができましたが、シャーシはスペースフレームにアルミパネルをリベット止めして補強するセミモノコック方式のままで、エンジンパワーに対応するだけの剛性が不足していました。この年デザイナーとして加入したハーベイ・ポストレスウェイトは「シャーシ技術は石器時代だった」「もし剛性テストをやったら、一発でチョコレートスナックのようにねじれてしまったに違いない」と語っています。126CKは80年にイタリアGPのフリー走行で「126C」として最初にテストされ、そこで312T5よりはるかに速いとわかりました、エンジンパワーが大きく直線では速かったのですが、ターボエンジン特有のひどいターボラグを持ち、タイヤに厳しく、ナーバスな操縦性のマシンであり、ヴィルヌーヴに「真っ赤なとっても速いキャデラック」と言わしめました。それでも、ヴィルヌーヴは81年のモナコGPとスペインGPで優勝をかざり、80年の不調からの復活を印象づけました。
時計
プロフィール

ウイングロード乗り

Author:ウイングロード乗り
きよと申します。よろしくお願いします。
性別 男
年齢 想像にまかせます。
趣味 クルマ ミニカー ももちゃんと遊ぶ 映画観賞 ドラマ 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミニカー/模型
8位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
.main_menu_fold { margin-left:10px; /* 全体の左の余白 */ } /* 親カテゴリ */ div.main_list_parent { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子なしカテゴリ */ div.main_list { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子カテゴリ */ div.sub_list { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch.gif"); /*ツリー画像 */ padding-left:20px; padding-top:2px; padding-bottom:2px; background-repeat: no-repeat; background-position: left top; } /* 子カテゴリ (最後尾) */ div.sub_list_end { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch_end.gif"); /*ツリー画像(最後尾) */ background-repeat: no-repeat; background-position: left top; padding-left:20px; padding-top:2px; margin-bottom:10px; /* 下の余白 */ } /* ▲親子カテゴリ (折りたたみ) ▲ */