ゲーム ドリフトゾーン

ドリフトゾーン今回も登場車種の紹介です。
86です。
ど_convert_20170730223130

ど _convert_20170730223159
S13です。
ど  _convert_20170730223241

ど   _convert_20170730223304
180SXです。
ど    _convert_20170730223332

ど     _convert_20170730223354
S15です。
ど      _convert_20170730223433

ど       _convert_20170730223514
R34です。
ど        _convert_20170730223558

ど         _convert_20170730223627
F40です。
ど          _convert_20170730223707

ど           _convert_20170730223751
トラクターです。
ど            _convert_20170730223835

ど             _convert_20170730223923
スマホ専用のこのゲーム気軽にドリフトが楽しめる作品になっています。日本車も多く登場しています。

1/64 京商 アルファロメオミニカーコレクション アルファ147

ミニカーです。
あ_convert_20170730221438

あ _convert_20170730221536

あ  _convert_20170730221605
今回紹介するのはアルファ 147です。145/146の後継車種で、2000年のモンディアル・ド・ロトモビルでデビューを飾り、2001年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。スタイリングは当時アルファロメオ・デザインセンターに在籍していたワルテル・デ・シルヴァ、アンドレアス・ザパティナス、ヴォルフガング・エッガーの共同作業によるものです。2004年に行なわれたフェイスリフトはジョルジェット・ジウジアーロが担当し、ヘッドライト、テールライト、フロントグリルの意匠を大きく変更、内装アップグレードの他、新型ディーゼルエンジン追加、サスペンション改良なども行なわれました。2010年に後継車種のジュリエッタが発表されました。

日野 レンジャー、スーパードルフィン、レンジャープロ

気になるクルマ、今回は働くクルマ3台です。
と_convert_20170730211107

と _convert_20170730211215

れ_convert_20170730220056
1台目はレンジャーです。このクルマは84年登場の3代目後期モデルです。「風のレンジャー」とも呼ばれたモデルをベースにオバQバンパー、マーカー付バイザー、ストライプでレトロに仕上げられた車両です。
2台目はスーパードルフィンです。このクルマは81年登場のモデルをベースにバスライト、メッキバンパー、デッキロケット、煙突マフラーなどでレトロな仕事車に仕上げられていました。
3台目はレンジャープロをベースに一万円札のペイントが最大の特徴です。

映画 コンボイ

134184_01_convert_20170730091036.jpg
「コンボイ」今回は中盤のシーンです。
ダックが乗るマック RS786LSTです。
こ_convert_20170730204654
ライルが乗るシェベルです。
こ _convert_20170730204747
ダックがライルにぶつかりそうになり、ライルが看板に突っ込みます。
こ  _convert_20170730204842
次回も中盤のシーンです。
こ   _convert_20170730204906

こ    _convert_20170730204946

こ     _convert_20170730205013

こ      _convert_20170730205121

ゲーム

今回紹介するのはスマホゲーム「ドリフトゾーン」に登場するクルマたちです。
3シリーズ E21レース仕様です。
ど_convert_20170730112754
割りにシンプルな仕様です。
ど _convert_20170730112823
3シリーズ E30レース仕様です。
ど  _convert_20170730112856
パイクスピークカーのようなウイングです。
ど   _convert_20170730112925
アバルト500です。
ど    _convert_20170730112957

ど     _convert_20170730113022
ハチロクです。
ど      _convert_20170730113049

ど       _convert_20170730113118
3シリーズ E36です。
ど        _convert_20170730113147

ど         _convert_20170730113219
次回もクルマ紹介です。

1/64 京商 アルファロメオミニカーコレクション2 アルファロメオ 156GTA

ミニカーです。
あ_convert_20170730111133

あ _convert_20170730111207

あ  _convert_20170730111254
今回紹介するのはアルファ156です。このクルマは97年登場です。97年のフランクフルトモーターショーで生産型が発表され、日本では98年に発売されました。98年度のグッドデザイン賞を受賞しています。デザインはワルテル・デ・シルヴァが担当。2002年には、欧州の新排ガス規制をパスするべく、2リッターエンジンはそれまでのツインスパークから三菱自動車のGDIエンジンのパテントを獲得した直噴エンジンJTSに換えらました。しかしツインスパークが姿を消した事によって「アルファらしいエンジンが無くなってしまった」と嘆くファンも存在しています。GTAはセダン、スポーツワゴンに設定されるスポーツグレードです。旧来のアルファロメオにおけるGTAのAはイタリア語で軽量化を意味するAlleggeritaの頭文字で、65年に登場したジュリア・スプリントGTAではベースモデルからおよそ200kgの軽量化を実現していました。156GTAでは逆に全ラインナップ中で最も重くなっていることから、イメージ先行の命名であるという見方もあり、一部の自動車評論家の中には、似非GTAと称して否定的な態度を取る者もありますが、パワーウェイトレシオは、156全ラインナップ中、最も大きく、相対的な軽量化を達成している高性能モデルでもあります。250PSを発生する3.2リッターV6エンジンは前輪駆動車としては優れているスペックであり、専用設計のサスペンション、エアロパーツなどとも相俟って、世界中で人気を博しました。

イラスト ニッサン サニートラックカスタム

イラストです。
さ_convert_20170730110445
今回はサニトラをベースに510ブルーバード顔に変更、往年のレースカーのようなカラーリングに仕上げたカスタムカーを描いてみました。

映画 コンボイ

134184_01_convert_20170730091036.jpg
今回紹介するのは78年公開、クリス・クリストファーソン、アリ・マッグロー、アーネスト・ボーグナインほか出演「コンボイ」です。
1台のタンク・トレーラーを牽引した大型トラックが走っていた。だが、運転する通称"ラバー・ダック"と数人の運転手仲間は保安官ライルとふとしたきっかけでトラブルになり、車載のCB無線で事情を知った多くのトラック仲間達が愛用するトラックで集まりコンボイを形成した・・・
ブロックウェイ 361が交差点で横転します。
こ_convert_20170730090609

こ _convert_20170730090635

こ  _convert_20170730090703

こ   _convert_20170730090803

こ    _convert_20170730090838
次回は中盤のシーンです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
TRICK★STAR ZX-10R スズカ 8H です。
つ_convert_20170729175053

つ _convert_20170729175124
最高速334km/hでした。
つ  _convert_20170729175155
グランツーリスモのバイク版となるこの作品、コースなどはGT4と共通ですがバイクということで操作感が全く違っています。バイクのゲームは初めてだったので比較対照はありませんがリアルに再現されていたように思います。ゲームの内容的にはGTシリーズでいうプロローグのような物だと感じました。内容次第ではもっと面白いものになりそうです。

1/64 京商アルファロメオミニカーコレクション アルファロメオ SZ

ミニカーです。
あ_convert_20170729174321

あ _convert_20170729174339

あ  _convert_20170729174431
今回紹介するのはアルファロメオ SZです。小さいなモデルですがよく出てます。

イラスト 月下美人

イラストです。
つ_convert_20170729173853
今回は月下美人を描いてみました。レゾナをベースに個性的なバンパーにアンドン、シートキャリアでバランスよく仕上げられたクルマです。

映画 M:I-2

135149_01_convert_20170724080707.jpg
「M:I-2」今回も前回のシーンの続きです。
イーサンが乗るトライアンフ スピードトリプル955iです。
み_convert_20170729171458
敵が乗るトライアンフ デイトナ955iです。
み _convert_20170729171546
イーサンのスピードトリプルが爆発します。
み  _convert_20170729171645

み   _convert_20170729171753
人気シリーズ第2作目となるこの作品、前作よりもアクションが大幅にパワーアップしたように思えました。ストーリーもわかりやすく安心して見られる作品だと思います。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
モリワキMOTUL タイガーレーシング CBR1000RR スズカ 8Hです。
IMG_7526_convert_20170728072642.jpg

IMG_7527_convert_20170728072716.jpg
最高速324km/hでした。
IMG_7535_convert_20170728072743.jpg
今回はここまでです。

1/64 京商 アルファロメオミニカーコレクション アルファ GTV

ミニカーです。
IMG_7539_convert_20170728072542.jpg

IMG_7540_convert_20170728072557.jpg

IMG_7541_convert_20170728072614.jpg
今回紹介するのはアルファ GTVです。このクルマは94年登場ですアルフェッタGTV以来、長い間途絶えていたアルファ伝統の車名を復活させたスポーツクーペです。外装デザインはイタリアの代表的カロッツェリアの一つ、ピニンファリーナに在籍していたエンリコ・フミアの手によるものでウェッジシェイプの低いフロントノーズとキックアップした高いテールを結ぶ、フロントフェンダー下部からリアトランクに至る大胆な斜めのキャラクターラインが大きな特徴です。プロジェクターランプを用いた丸目4灯のヘッドライトは、同じエンリコ・フミアによるアウディベースのショーモデルPininfarina Quartzを想起させます。フィアット・ティーポ等と同じ「ティーポ2」のプラットフォームをベースとした横置きエンジンの前輪駆動車で、GTVのロードスターバージョンと言えるスパイダーとプラットフォームを共用します。乗車定員は4名ですがリヤシートは狭く、2+2のスポーツクーペの域を出るものではありません。トランク容量も外観から想像するよりかなり狭く、また開口部の前後長も短いため実用的とは言い難いものでした。GTVとは、Gran Tourismo Veloceの略で、速いGTカーを意味します。販売は2006年に終了しました。

イラスト 乙姫丸

イラストです。
IMG_6924_convert_20170728072509.jpg
今回は乙姫丸を描いてみました。このクルマはスーパードルフィンをベースに鉄仮面マーカー、個性的なシートキャリアで個性を放っていた実在する車両です。

映画 M:I-2

135149_01_convert_20170724080707.jpg
「M:I-2」今回も前回のシーンの続きです。
敵が乗るサファリです。
IMG_7465_convert_20170728071330.jpg
イーサンに銃撃され、フォード エコノバンに衝突、さらにファルコンに突っ込み、横転します。
IMG_7476_convert_20170728071358.jpg

IMG_7477_convert_20170728071417.jpg

IMG_7478_convert_20170728071452.jpg

IMG_7479_convert_20170728071514.jpg

IMG_7481_convert_20170728071534.jpg

IMG_7482_convert_20170728071557.jpg

IMG_7483_convert_20170728071619.jpg

IMG_7484_convert_20170728071706.jpg
次回もこのシーンの続きです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
スズキ GSX1400レーシングモディファイです。
つ_convert_20170727222248
1400cc 112PS
つ _convert_20170727222317
最高速317km/hでした。
つ  _convert_20170727222406
今回はここまでです。

1/64 京商 アルファロメオミニカーコレクション アルフェッタGTV

ミニカーです。
あ_convert_20170727220828

あ _convert_20170727220856

あ  _convert_20170727220923
今回紹介するのはアルフェッタGTVです。このクルマは74年登場です。アルフェッタ登場から2年後に3ドアのGTシリーズが追加されました。ボディデザインはジョルジェット・ジウジアーロで、広いグラスエリアと大人4人が快適に乗車できる居住性を特色としました。ダッシュボードはタコメーターだけがドライバー正面、他の計器類はセンターに配置されるという、当時では異色のレイアウトを持っていました。やはり当初は1779ccエンジンモデルのみでしたが、76年に1.6と2.0GTVが追加されました。79年には1,962cc150PSのターボチャージャー付エンジンを搭載した「2000ターボデルタ」が400台生産されました。80年にはアルファ6で初登場した2,492cc150PSのV型6気筒エンジンを搭載した「アルフェッタGTV 2.5」が登場、このエンジンは傑作として世評が高く、80年代のアルファロメオのイメージ回復の先駆けとなりました。83年以降はGTシリーズからアルフェッタの名称が外れ、単に「アルファロメオGTV」と呼ばれるようになり、4ドアの消滅後も87年まで継続生産されました。

イラスト トヨタ カローラ JTCC

イラストです。
か_convert_20170727215744
今回はカローラ JTCCを描いてみました。このクルマは94年にトヨタがプライベート系に供給した車両です。開発はTRDです。

映画 M:I-2

135149_01_convert_20170724080707.jpg
「M:I-2」今回は前回のシーンの続きです。
敵が乗るホールデン ステーツマンです。
IMG_7470_convert_20170727114842.jpg
交差点でケンワースW-925と衝突し爆発します。
IMG_7469_convert_20170727114808.jpg

IMG_7471_convert_20170727114901.jpg

IMG_7472_convert_20170727114922.jpg

IMG_7473_convert_20170727114942.jpg

IMG_7474_convert_20170727115001.jpg

IMG_7475_convert_20170727115021.jpg
次回はこのシーンの続きです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
ホンダ CB1300スーパーボルドールレーシングモディファイです。
つ_convert_20170726224948
1300cc 113PS
つ _convert_20170726225017
最高速264km/hでした。
つ  _convert_20170726225033
今回はここまでです。

1/64 京商 アルファロメオミニカーコレクション アルファロメオ ジュリアTI

ミニカーです。
あ_convert_20170726223706

あ _convert_20170726223752

あ  _convert_20170726223815
今回紹介するのはジュリアTIです。このクルマは62年登場です。50年代に成功した前身のジュリエッタの後継車として、小型軽量な車体にスポーツカー並みのDOHCエンジンを搭載する高性能でスポーティな小型車として人気を博しました。最初に登場したジュリアは「TI」と呼ばれました。DOHC1,570ccシングルキャブ92PS、最高速度160km/hのモデルでした。TIの名称は国際ツーリングカーレース・「Turismo Internazionale」の略称です。これまで1900やジュリエッタの高性能版に与えられていた名称で、シングルキャブエンジン車には似つかわしくありませんでしたが、後に「TIスーパー」と「スーパー」が追加され、1600ccの基本モデルという位置付けが明確となります。DOHCエンジンに加え、早くも5速ギアボックスを標準装備し、一見すると単純な箱のように見える車体も当時まだ珍しかった風洞実験を用いてデザインされるなど、ジュリアには当時最先端の技術が注ぎ込まれていました。その一方で、ギアチェンジはコラム式、ステアリングホイールは大径でホーンリング付き、ブレーキは当初4輪ドラム、という旧式な面も残していました。

イラスト トヨタ コロナ ダイダンJTCC

イラストです。
こ_convert_20170726221033
今回はコロナJTCCを描いてみました。94年に始まったJTCCにトヨタが投入したのがこのクルマです。ファミリーセダンとして知られるコロナは本来はレースに向くモデルではありませんでしたが、主要な箇所に手を加えれるクラス2規定には平凡なコロナを俊敏なレーシングカーに変える力がありました。搭載エンジンは280PSの3S-G型で本来コロナシリーズには無いエンジンでしたがエンジン積み替え可能という規定に従い、実戦使用しました。JTCC初年度はタイトルを獲得しています。

映画 M:I-2

135149_01_convert_20170724080707.jpg
「M:I-2」今回は前回のシーンの続きです。
イーサンが敵のファルコンを銃撃し横転させます。
み_convert_20170726214659

み  _convert_20170726214742

み   _convert_20170726214816

み    _convert_20170726214852

み     _convert_20170726214944

み      _convert_20170726215018

み       _convert_20170726215044

み        _convert_20170726220120
次回もこのシーンの続きです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
ホンダ CB1300スーパーフォア レーシングモディファイです。
IMG_7426_convert_20170725114607.jpg
1300cc 113PS
IMG_7427_convert_20170725114625.jpg
最高速265km/hでした。
IMG_7429_convert_20170725114702.jpg
今回はここまでです。

1/64 京商アルファロメオミニカーコレクション アルファロメオ 1750スパイダーヴェローチェ

ミニカーです。
IMG_7431_convert_20170725113050.jpg

IMG_7434_convert_20170725113126.jpg

IMG_7435_convert_20170725113203.jpg
今回紹介するのはアルファロメオ 1750スパイダーヴェローチェです。このクルマは70年登場の初代モデルシリーズ2です。シリーズ1からの最大の変化は、テールが下がった従来の「ボートテール」から、直線的な「カムテール」になったことであり、トランクスペースが拡大しました。また、フロント周りのデザイン変更、より直立した大型のウィンドースクリーン、吊り下げ式のペダル、クラッシュパッドが入った新しいダッシュボードなども与えられました。71年には1750が1,962ccの2000に発展したことを受けて、「2000スパイダー・ヴェローチェ」が1750に代わって登場しました。翌72年には1300と2000の中間車種として、1,600cc版が「スパイダー1600ジュニア」として、1300と同じ簡素な外装で再登場しました。74年には一時的に、ルーフの一部のみが脱着式の「スパイダー・タルガ」が2,000台弱生産されました。

イラスト スズキ カルタス ラリーカー

イラストです。
IMG_6506_convert_20170725104321.jpg
今回はカルタス ラリーカーを描いてみました。このクルマは99年アジア・パシフィック・ラリー選手権に出場したマシンです。ドライバーは田嶋伸博でした。

映画 M:I-2

135149_01_convert_20170724080707.jpg
「M:I-2」今回は終盤のカーアクションシーンです。
敵が乗るフォード ファルコンです。
IMG_7415_convert_20170725101327.jpg
ルーサーがロケットランチャーで爆破します。
IMG_7416_convert_20170725101350.jpg

IMG_7417_convert_20170725101411.jpg

IMG_7418_convert_20170725101435.jpg

IMG_7419_convert_20170725101502.jpg

IMG_7420_convert_20170725101522.jpg

IMG_7421_convert_20170725101613.jpg

IMG_7422_convert_20170725101747.jpg
今回はここまでです。

ゲーム ツーリストトロフィー

ツーリスト・トロフィー
「ツーリストトロフィー」今日の1台は
ヤマハ XJR1300レーシングモディファイです。
IMG_7395_convert_20170724080449.jpg
1300cc 114PS
IMG_7396_convert_20170724080508.jpg
最高速304km/hでした。
IMG_7397_convert_20170724080536.jpg
今回はここまでです。

1/64 京商フィアット ランチアミニカーコレクション フィアット クーペ

ミニカーです。
IMG_7367_convert_20170724080352.jpg

IMG_7368_convert_20170724080411.jpg

IMG_7369_convert_20170724080430.jpg
今回紹介するのはフィアット クーペです。このクルマは94年登場です。外観デザインは、フィアット・チェントロ・スティーレとピニンファリーナが争った結果、チェントロ・スティーレに在籍していたアメリカ人デザイナークリス・バングルのデザインが採用されました。後にBMWで先鋭的なデザインを発表しているバングルの手法はここでも現れており、ホイールアーチ上部に走った大胆なキャラクターラインが特徴です。ピニンファリーナは内装デザインを手がけています。外装色と同色のラインが入った内装は特徴的でした。日本国内でもエモーショナルなデザインが評価され、95年度グッドデザイン賞金賞を受賞しました。プラットフォームはフィアット・ティーポのものを流用。エンジンはランチア・デルタインテグラーレに積まれていた4気筒2リッターDOHCターボエンジンと4気筒2リッターDOHCエンジン。ターボエンジンモデルにはビスコドライブというビスカス式LSDが搭載されました。初期型は16Vと呼称されます。その後マイナーチェンジを実施し、5気筒エンジンに換装。ドライバビリティとパワーを向上させた、20Vへと進化し、ブレンボ製のブレーキキャリパーも備えます。その後ターボプラスを経て2001年に生産終了しました。
時計
プロフィール

ウイングロード乗り

Author:ウイングロード乗り
きよと申します。よろしくお願いします。
性別 男
年齢 想像にまかせます。
趣味 クルマ ミニカー ももちゃんと遊ぶ 映画観賞 ドラマ 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミニカー/模型
7位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
.main_menu_fold { margin-left:10px; /* 全体の左の余白 */ } /* 親カテゴリ */ div.main_list_parent { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子なしカテゴリ */ div.main_list { font-weight:normal; /* 文字の太さ (太くしたいならbold) */ margin-bottom:5px; /* 下の余白 */ } /* 子カテゴリ */ div.sub_list { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch.gif"); /*ツリー画像 */ padding-left:20px; padding-top:2px; padding-bottom:2px; background-repeat: no-repeat; background-position: left top; } /* 子カテゴリ (最後尾) */ div.sub_list_end { background-image: url("http://blog-imgs-19.fc2.com/1/0/p/10plate/branch_end.gif"); /*ツリー画像(最後尾) */ background-repeat: no-repeat; background-position: left top; padding-left:20px; padding-top:2px; margin-bottom:10px; /* 下の余白 */ } /* ▲親子カテゴリ (折りたたみ) ▲ */